シニアがThinkPadノートパソコンを買うならばXシリーズ

ThinkPadユーザーとして15年の経歴がある。今使っているThinkPadは、X260である。3年後にまた新しいThinkPadに買い換える予定だ。私はモバイル用途でノートブックPCを使っている。その意味合いでX260も12.5インチであるのでちょうど良い。バックアップPCとして自宅にX240, X201とEdge 13がある。

ThinkPad Edge 13は、購入判断を間違えてしまった。その当時、5万円以下で買えたのでメインで使っていたX201のバックアップPCとして購入した。安かろう、悪かろうの製品であった。CPUのパワーが弱すぎた。何をやるにしても時間がかかる。

シニアがこれから持ち運びで長時間ノートパソコンを使うならば、ThinkPad X270が良い。10万円前後でバッテリ稼働時間が76Wのバッテリーを搭載すれば、20時間ぐらい続けて使える。1日の作業に十分すぎる稼働時間だ。

現在、62歳だがThinkPad Xシリーズのノートパソコンの愛用者である。長時間キーを叩いてインターネットの仕事をするため、キーボードのタッチが快適でないと仕事がはかどらない。ThinkPad Xシリーズのノートパソコンは、どれもキーボードタッチが快適である。

ThinkPad Xシリーズは法人企業で主に使われているビジネスマシンだから・・・シニア向け

シニアがThinkPadノートPCを購入することを考えているならば、決して安さで購入してはならない。(1)CPU性能が低い機種、(2)メモリーが少ない機種、(3)バッテリー交換が自分でできない機種などは、決して購入すべきではない。LevonoのPCビジネスは、ThinkPad Xシリーズで成り立っている。Xシリーズ以外の製品は、メインストリームから外れている製品である。

Lenovoは今年(2016年)にX1シリーズやYOGAシリーズをXシリーズに追加してきた。ThinkPadというラベルが2つの製品に付いているがメモリーの増設やバッテリーの交換が自分でできない製品になっている。法人企業は、このような製品は社員向けに買わない。自分たちで保守やサポートができないからだ。thinkpad x260

ThinkPad Xシリーズは、法人企業が自分たちである程度メンテしやすい作りになっている。メモリーの増設やバッテリーの交換などは、会社内で直ぐにできるノートPCでないと社内のニーズに対応できないからだ。シニアは長期間購入したパソコンを使う傾向が強いのでバッテリーの交換が自分で出来るXシリースがオススメだ。

ThinkPad X1やYOGAシリーズのノートPCは、メモリーの増設やバッテリーの交換がユーザー側でできない作りになっている。そのため、Lenovoのサポートセンターに送って作業をやってもらうことになる。その間、仕事でノートPCが使えない。 利便性においてビジネスのニーズを満たしていない。

これが一般の消費者であるならば、企業のわがままを押し通せる。 そのような仕様で作られていますで終わる。

ThinkPad Xは、Power Bridge Technologyが搭載されている。

「Power Bridge Technology により、外出先や屋外で、バッテリーがなくなりそうになったときでも、内蔵バッテリーから予備の外部バッテリーへスムーズに、シャットダウンする必要なく交換することができる、おすすめのモバイルPC。」 

このシリーズ以外のノートPC製品は、バッテリーが固定化されているため自分たちで交換ができない。

なぜ、法人企業はXシリーズを主に購入し続けているかの理由がここにあると思っている。ビジネスで使うパソコンは高価な買い物である。できるだけ長く使ってもらいたいと思っているはずだ。賢い消費者は、この企業心理を読み取って法人企業が購入するノートPCを購入している。

高齢者が使うノートパソコンは、頑丈でバッテリーの交換が自分で出来て、多くの企業で使われているビジネス向けThinkPad Xシリーズがお買い得である。今オススメな機種は、ThinkPad X270である。シニアが起業するならば、実際の企業で一番使われているモデルが一番安心して使える。

Tags:

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2018年12月現在で12年間、起業。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!ジャパンで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2019 Goyat. All Rights Reserved.