来年63歳になる喜びと心配事:目標と健康

子供の頃、60歳の人を見たら老人だと思っていた。今、62歳の私を鏡に映してみると確かに風貌は老人の顔になっている。顔は老人なのだが、心の中と体力はまだ老人になっていないと思っている。他人に私は老人でないと訴えるのは凄く大変だ。お化粧をしている女性は、ある程度、顔を若作りできる。男性は、ほとんど化粧をしない。やるとしたら、薄くなった髪の毛を人工的に増やしたり、髪を黒く染めるくらいだろう。

でも、

体全体からの印象は老人だ。

歳を取る喜びと心配事は年代によって変わってくる!

20歳代、30歳代は歳を取ること事態をあまり気にしないで目先の欲求を満たす人生に没頭している。40歳代、50歳代の中年になると歳を取ることで体に変化が出てきたり、仕事環境から歳を意識せざるを得なくなる。会社内での昇進、リストラ対象年齢、将来のキャリア設計などで年齢を意識するようになる。

60歳代になると大きな人生の転機を迎えるため、1年毎の年齢に気を使いだす。年金受給まであと何年とか、65歳定年退職後にどうしようかとか、老化現象が確実に体に出て来るとかだ。体の老化現象や異変は、1年毎に歳を取る度に新しい体験をする。免疫力が低下して体の弱い部位で異変が発症する。

健康に意識が行き始め、言葉に出始めるのは60歳代からだ。

人生の喜び方や心配事もイベントも違ってくる。子供たちが巣立って夫婦二人の生活が始まるからだ。子供に気兼ねせずに旅行が出来る。お互いの時間の使い方に自由度が増す。今までやれなかったことに自分の時間を使いだす。会社に縛られずに本当の人生を始められる。自分の老後を夢見ている人にとって、60歳代の期間は好きな事を思いっきり出来る。60歳代の喜びは、好きな事が出来る時間が生まれる事だ。

一方で心配事も生まれる。

長生きして行くには、(1)生活費の確保と(2)健康の維持が必須になる。65歳の年金受給まで生活費を稼ぎ続ける必要が出てくる。年金受給後も足りないお金を補足するために仕事を探さねばならない。それが出来るか、出来ないかで心配事が増えてくる。健康も体力維持と免疫力強化が出来るかどうかだ。

来年63歳になる私は、年毎に目標を設定している。その目標に向かって自分の人生を作って行く。喜びは、目標が少しづつ達成されて行く過程にある。例えば、昨年から展開している新規ビジネスによる売り上げ目標、筋トレ目標、買いたい物目標、やってみたい目標などだ。全部は叶えられないが、目標に向かって自分の人生を作り込んでいく過程が面白い。

いつも、予定外の出来事が発生する。歳を取りながら今まで気が付かなかった事に気付いたりする。良い事も悪い事もだ。心配事は、自分の体だ。人生を楽しむには、体が資本であるからだ。大きな病気をしないで体力を維持しながら働き続けられる健康を求めている。こればかりは、努力目標でしかない。何をすれば確実に健康を維持できるという法則と保証がない。自分の体に合った健康法を自分で見つけるしかないからだ。

63歳になることで確実に変わって行く事は、老化だ。知らないうちに体のどこかが老化で機能低下になって行く。筋トレや定期的な運動、そして、食事で老化で衰えて行く機能を向上できるならば嬉しい。現実は、それが出来ない場合が多い。一つだけ確実な事は、体力を維持向上させることだ。年齢以上に体力を向上させる事は出来る。栄養バランスが取れた食事と運動習慣だ。

60歳を過ぎたら、基本、好きな事をする人生を自分で設計して実行して行く事だ。来年63歳になる私は、その基本目標に向かっていつ終わるか分からない人生を送る予定だ。

 

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2018年12月現在で12年間、起業。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!ジャパンで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2019 Goyat. All Rights Reserved.