ビキニ水着と下着の意識と感覚の違い?

南半球のオーストラリア、ニュージーランドは夏である。日本は、冬。寒いのが嫌な人は南半球に旅行をする。水着を携えて。

いつも思う事が有る。女性のビキニ水着姿と普通の下着姿に何が違うのか。違うのは、着る物の材質とファッション性ではないか。ビキニ水着は他人が見ておかしくない、下着は他人に見せられないという違いもある。bikini

ビキニ姿も下着姿も隠すべき場所を隠しているだけが同じ。ある時、ある女性にお酒の席でこんな質問をした事が有る。

ビキニ姿の水着と下着姿で何か感じ方に違いがあるのか?

彼女の回答はこうだ。

彼女曰く、「根本的に変わらない。下着姿も水着姿と同じ。どちらも隠すべき体の部分を隠している。公に見せられる衣類か、そうでないかの違い。」

つまり、感覚の問題であり、その女性がどう意識しているかのようだ。男性にとっては、多いに違いを感じるのだが。見られる対象の女性にとっては、隠すべき場所の体を隠しているのだから水着も下着も同じだという事である。いつもビキニ姿で泳いでいる女性であれば、身に付けているものが水着であろうと下着であろうとあまり変わらない感覚がある。

男性と女性の感覚が違う

シニアになっても若い女性のビキニ水着姿を見れば、視線が自然にその姿に行ってしまう。本能なんだろうなといつも思う。男性の女性への見方と女性の男性への見方で感じ方が違うのは確かである。水着姿と下着姿が典型的な事例ではないか。共通している点は、どちらもファッションやデザイン面で工夫がされている。

週刊雑誌の表紙を飾るのがビキニ水着姿の若い女性である理由が良く分かる。読者の目を引き付ける美しさがある。男性は年令に関係なく美しい女性の姿に目を奪われる。ビキニ水着の女性の表紙は週刊誌の売上を上げる効果がある。

老いて来ると若さに気を取られる

挑発的な短いスカート。女子高校生はなぜ短いスカートを好んで履くのか、それは女子高校生のファッションであるからだ。寒い冬の日でもわざとスカートの裾を巻きながら丈の長さを短くしている。シニア男性から見れば、若さを見せつけるファッションに見える。60歳を過ぎたおばさんが同じミニスカートをはいて歩いていたら、魅力よりも気味悪さを感じさせる。若さの違いがそこにある。

男女共学の男子高校生たちは、短いスカートをはいて学校に通ってくる女子高生を見慣れている。それが当たり前と感じている。むしろ、普通のスカートで通ってくる女子高校生の姿は皆と同じ姿でないから目立つ。何事も見慣れるとそれが当たり前になる。

老健施設でリハビル生活を送っている88歳の義母にジーンズを履いてはどうかと話した事がある。彼女もジーンズをいつか履いてみたいと思っていたようだが、チャンスを逸したようだ。88歳のおばあさんはジーンズを履く事に抵抗感があるようだ。こんなお年寄りが若者が履くジーンズを履くなんて!という感覚がある。

私の目から見れば、崩れている老婆の体をジーンズで補整出来る。女性は特に着る物で若さを演じる事が出来る。年寄りだから地味なズボンを履くという考え方がおかしい。ジーンズと老人用のズボン、どちらもズボンである。88歳の老婆がジーンズを履いてはいけないという事は無い。

自分がどう感じるか?

若い女性がビキニ水着姿と下着姿で感じ方があまり違わないという感覚。シニア男性にとって若い女性のビキニ水着姿も下着姿も同じように若さと美を感じさせる。若者とシニア男性の違いは、ビキニ姿の女性をナンパするか、ただ眺めるだけかの違いではないか。

ミロのビーナスはなぜ裸に近い姿になっているのだろうか。美を求めて男性が女性を描く。年齢に関係なく美を女性に求める。老いてくれば来るほど若い女性との接点が少なくなるのがシニア男性たち。95歳になる義父は、正月にやってくる孫の妻を見て、その若さと美にうっとりする。

結論

ビキニ水着と下着の意識と感覚の違いは美意識になる。年令に関係なく男性は異性に対して美意識を感じている。それがビキニ水着と下着になると感度が高くなる。若い女性と年老いた女性がビキニの水着を着たら何が違いを出すのか。若さである。その若さにシニアたちは魅力を感じる。

 

Search

私のブログサイトはリンクフリーです

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2019年現在で13年間、起業中。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!Japanで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2019 Goyat. All Rights Reserved.