法政大学の生協学生食堂には教職カツカレーがある!安くて美味しい

年に2回ほど市ヶ谷に用事で行くことがある。今日はその日であった。市ヶ谷に行くときは必ず法政大学の学食でカレーライスのランチを取る。安くて美味しいからだ。特に、「教職カツカレー」がボリュームがあって美味しい。

curry and rice

写真を見て気が付くと思うが、普通のカレーライスの価格が259円。ヒレカツカレーでも410円だ。学生食堂であるので腹ペコの学生の食欲を満たすボリュームがある。

63歳のシニアが大学生と混じって学食でランチ!

年に2回の学食でのランチだが、いつも、ここで若さをもらっている。周りには、目立つ赤い口紅をつけた女子大学生がいっぱい。見ているだけで若さという魅力に引き込まれる。都市型キャンパスであるため、キャンパスは広くない。ビルの中で学生たちがワイワイガヤガヤしている。まだ、社会の本当の姿を知らない半分子供の大学生たちだ。

私は、日本の大学をよく知らない。米国の州立大学を卒業したため、日本のキャンパスライフについてあまり知識がない。共通なのは、学生たちがグループを作って活動していることだ。若いカップルが多い。市ヶ谷にあるため、女子大生はオシャレな服装をしている。眺めているだけで目の疲れを癒やしてくれる。

法政大学は、昔のクライアントであった。法政大学の教授から自分でも簡単に情報発信が出来るホームページを作ってくれと依頼があったからだ。彼はもう法政大学を退職して、中小企業向けのコンサルタントを営んでいる。大学を退職したときにそのホームページも閉める事になった。この時に法政大学の外食で食べたカレーの味が忘れられなくなったのだ。

年に2回市ヶ谷に行くのは、親戚がやっている眼科クリニックに行くためだ。緑内障の治療をしている。治療をしていると言っても目の検査と目薬の処方箋を頂いているだけだ。

春と秋に市ヶ谷に行く。ランチは、必ず、学食のカレーライスになる。生協が運営している学生食堂のカレーライスは、本当に美味しい。259円でこんなに美味しいカレーライスが食べられるなんて信じられない!!

カレーライスも、小さいサイズ、中サイズ、大きいサイズに分かれている。259円のカレーライスは、中サイズ(普通のサイズ)である。小さいサイズならば、226円である。市ヶ谷に行く機会がある人は是非、法政大学の生協運営の学生食堂に行ってカレーライスを食べもらいたい。きっと、また行きたくなるはずだ。

この記事「法政大学の生協学生食堂には教職カツカレーがある!安くて美味しい」のポイントは、

  • 法政大学の生協運営の学生食堂は、安くて美味しいカレーライスが有名だ。私は、市ヶ谷に行く時は必ず法政大学の学食で259円のカレーライスを食べる。あまりにも美味しいので何度でも食べに行きたくなる味だ。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.