スーツとネクタイを着ることがないシニア

日本では、ネクタイとスーツを身につける=会社で働くというイメージである。私は、社会人1年生から38歳までネクタイとスーツの生活をしていた。ソニーに転職してからは、ネクタイとスーツ姿が急激に減った。特別な業務(営業、会議、出張など)に限られた。

51歳の時に起業して法人向けサイト構築を始めた時は、いつも、ネクタイとスーツ姿であった。11年が過ぎて今はネクタイとスーツを着ることがない。法人向けサイト構築で営業をする必要がなくなったからだ。何らかの事情でお客さんの会社に訪問する時は、原則、ネクタイとスーツを着る。

いつもの仕事姿は、スポーツシューズ、ジーンズ、ジャケットと言った感じが多い。

会社に雇用されているシニアはネクタイとスーツ、それ以外は私と同じ姿

営業活動が必要な仕事をしているシニアは、ネクタイとスーツは必須だ。見た目の印象を良くするには、ネクタイとスーツでないと駄目だ。お客さんとの接触があまりない職業、例えば、私の仕事(インターネットビジネス)は必ずしもネクタイとスーツは必須ではない。

1日仕事をしてお客さんに会うことはない。自己完結型のビジネスをインターネットでしているとお客さんはサイトに来る訪問客になる。私の顔や姿は見えない。ネクタイとスーツの姿でなくても訪問客への印象は変わらない。ホームページとコンテンツが私の代わりをしてくれる。

街中を見渡せば、ネクタイとスーツ姿のシニアの数が非常に少ない。多くのシニアは、スポーツシューズ、ジーパンか綿パン、ジャンパーかジャケットだ。カジュアルな服装で横浜界隈を歩いている。

アルバイトやパートで働いているシニアは、仕事先のユニホームになる。通勤ではカジュアルな服装だ。ネクタイとスーツである必要がない。労働者の年齢と勤め先、または、職業で着るものが違う。米国の労働者の35%がフリーランス労働者だと言う。多くは、インターネット経由で仕事を受けている。

日本でもフリーランスで仕事をしているIT関連の労働者が増えている。シニアでは専門職に限られるが。フリーランスの仕事は、専門的なスキルが求められる。誰もができるという仕事ではない。私の年代のシニアでは、無理だろう、または、少数だろう。

もし、多くのシニア男性がいつも外出時にネクタイとスーツを着ていたら、横浜の街の風景も相当変わるだろう。シニアが活発に働いているという印象が強く映り出す。カジュアルな姿は、いかにも遊んでいるという印象がつきまとう。

現実は、時間を持て余してブラブラしているシニア男性が多い。ネクタイとスーツを着る必然性もない。会社員時代に着たネクタイとスーツが行き場がなくたくさんクローゼットに釣り下げられている。ネクタイとスーツが自分の出番を待っているのだが、特別な行事しか出番がない。

時々、私はクローゼットで息苦しくなっているネクタイとスーツを取り出して外出時に着て上げる。クローゼットで自分の出番を待ち焦がれているネクタイとスーツの気持ちになってその欲求を満たしてあげている。

 

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2018年12月現在で12年間、起業。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!ジャパンで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2019 Goyat. All Rights Reserved.