老後のバカンスと趣味を何にするのか?

誰もがある年齢になると仕事から離れる。仕事から離れた時、何で自分を楽しませるかだ。欧米のシニア夫婦は、バケーション旅行に出かける。日本人のような短い旅行ではなく、ロングバケーションだ。ドイツ人ならば、比較的生活水準が低いトルコやポルトガルに1か月から3か月ぐらい長期滞在する。

米国人ならば、フロリダ州にバケーションハウスを借りて数か月ほど滞在する。日本人のシニア夫婦の旅行は、長くても2週間ぐらいだろう。それも旅行会社が提供するパッケージ旅行だ。時間に追われ、現地の人たちとの触れ合いもない在り来たりの旅行になる場合が多い。

自分を楽しませるプランを考える必要がある。

80歳になった時に自分を楽しませるモノがあるか?

60歳代、70歳代は、まだ、活動する範囲が広いし求めれば色々な出会いがある。80歳代になった時に体に不自由さが出て来た時、どうするかだ。80歳代の老人の生活のリズムがどうなっているかだ

まだ、60歳代の内に自分を楽しませることを考えておく。80歳になったら、こんな事をして楽しみたいとか、あんな事をして暇をつぶしたいとか。

私の楽しみ方がどうなるかを想像してみた。

今から18年先の時代だ。2035年の時代に生きていれば、世の中の仕組みは大分変っているだろう。ロボットは確実に家庭に入って家族の一員になっているはずだ。ロボットが話し相手になっている。賢いA.I.ロボットが私の遊び相手になる。

自動運転の乗り物(所有しないオンディマンド共有自動車)で好きな場所に出かけられる。ポータブルな移動型A.I.ロボットも付きそう。ちょっと遠い場所に行く時は、ドローン飛行機でリゾートホテルまで出かける。足が不自由でも下半身をアシストする器具を付ける事で普通以上の脚力を得られるようになる。

2035年までに戦争や異常気象で大規模な被害が日本に起きなければ、技術革新により体が衰えた老人に自由に移動できる環境が与えられるようになる。

老人特有の問題:介護と病気は、介護と医療ロボットの登場で問題が解消され始める。もっと人間的な介護を求めるとインドネシアやフィリピン人が介護士として現れる。自動通訳端末でコミュニケーションは問題とならない。そんな時代で80歳代の老人は、100歳に向けて生き方を学び直す学校に行くか、自分の能力に適した学校で色々な年齢の人たちと一緒に時代が要請する新しい知識を学び直す。

学ぶことが老人にとって楽しさを生み出す。色々な年齢の人たちと一緒になって新しい知識を学ぶ過程で今までの人生とは違った刺激を受けて精神的な充実感を味う。

 

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2018年12月現在で12年間、起業。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!ジャパンで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.