元気なシニアは仕事をしている、遊びや趣味では暇の問題を解決出来ない

65歳を過ぎてシニアのライフスタイルが劇的に変わる。65歳を過ぎても定職を持って仕事を続けているシニアは元気だ。目は輝いている。足腰はしっかりして元気よく歩いている。

65歳で会社を卒業し、自分で自分の人生計画を作り出しているシニアは苦労をしている。今まで会社で仕事をしていれば、日中の時間は埋まっていた。仕事がなくなった生活は、自由であるが時間が沢山有り過ぎる。時間の使い方に戸惑う。

私の65歳の知人は、再就職先を探しているが見つからないため諦めモードである。今は、仕事を探すのをやめて趣味に時間を使っている。

だが、彼は問題を抱えている。

老後の生活で問題になるのは「暇」

彼の問題は、趣味だけでは日中の時間を埋めることが出来ないことだ。毎日好きな趣味に時間を投入することが出来なくなっていると言う。どんなに好きなことでも毎日朝から晩までやっていられない。少なくとも私は出来ない。彼も私と同じようだ。

遊びや趣味では暇な時間を潰せない

一人遊びを1日中やってられない。遊び仲間と一緒に遊ぶと言っても遊ぶことが決まっていないと仲間と会うことの意味がなくなる。街中でブラブラしているシニアのグループを見かけるが楽しい顔をしていない。手持ちぶたさの顔だ。

会社に行っていれば、日中は仕事で時間が使われるので何をして時間を潰すという心配はない。仕事は上から降ってくる。会社が提供する仕事に自分の時間を投入すればよいだけだ。会社を離れてからは、仕事が上から降ってこない生活になる。与えられた自由な時間を自分で自由に使えるのだが、使い切れない。暇が苦痛になる。

遊びや趣味は会社時代の仕事に取って代わることが出来ない。それに気がつくまで6ヶ月ぐらいかかるかもしれない。個人差がある。趣味をビジネスにしたシニアは、自分で仕事を作っているので日まで苦痛を感じない。むしろ、もっと時間がほしいと言ってくる。

ポイントは、失われた仕事は自分で作り出す仕事で埋めるしか無いのだ。

元気なシニアは仕事に生きがいを感じている

60歳前に起業したシニアや60歳になってから起業したシニアは、65歳以降もビジネスを続けている。自分の生活がビジネス中心にして回っている。生計がビジネスにかかっているため、時間はお金という感じで忙しい生活を送ることになる。頭を使い、体を動かして活動的な生活を送る。

ビジネスでお金を稼ぎ始めるとビジネスの面白さを楽しめる。それが生きがいになっていく。売上を伸ばすために何をすれば良いかを考えて実行する。試行錯誤の連続だが、そのプロセス自体が面白い。自分が動けば風が生まれる。自分の存在がビジネスをすることで感じられるのである。

名刺がある起業家と名刺がない引退したシニアでは、何かが違う。シニアの男性にとって仕事に従事していた時間が長すぎた。自分が作り出した仕事であれば、コントロールが出来るが、雇用された環境で与えられる仕事はコントロールできない。

仕事を持って働いている65歳の起業家は、いつも、ビジネスの種を探している。それが面白いと行っている。私も同じだ。新しいビジネスを生み出さないと生活が成り立たない。そのため、アンテナを広く貼ってビジネスの種を探している。アクティブに動いているシニアと日まで苦しんでいるシニアでは顔つきが違う。

頭を使って活動的に動いているシニアは元気

仕事にも好きな仕事と嫌な仕事がある。好きな仕事は、自分で作った仕事とか、得意な分野の仕事など。嫌な仕事は、お金を稼ぐために我慢して働く仕事である。元気なシニアの多くは、自分のスキルが生きる仕事をしている。仕事にやり甲斐を見出している。起業家も同じだ。自分が始めたビジネスで仕事をしているからだ。 

頭を使わない仕事はないと私は思っている。体を動かしながら仕事をやり終えるために色々と考えるはずである。仕事は認知症予防にもなる。体を毎日通勤することで筋力を鍛える。歩く機会が多ければ多いほど足腰が鍛えられる。心身ともに仕事が刺激剤になっている。

老後の生活を楽しみたければ、好きな仕事を持つことである。出来れば、自分が作り出した仕事であればあるほど充実感を味わえる。雇用されなければ、自分を雇用する仕事を考えてみる。小遣い稼ぎから初めて見る。起業も遊びになるかもしれないが、試行錯誤が続くので時間が足りなくなり、暇から逃れられるはずだ。

この記事「元気なシニアは仕事をしている、遊びや趣味では暇の問題が解決しない」のポイントは、

  • 65歳を過ぎてシニアのライフスタイルが劇的に変わる。65歳を過ぎても定職を持って仕事を続けているシニアは元気だ。
  • 65歳で会社を卒業し、自分で自分の人生計画を作り出しているシニアは苦労をしている。
  • ビジネスでお金を稼ぎ始めるとビジネスの面白さを楽しめる。それが生きがいになっていく。

 

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2018年12月現在で12年間、起業。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!ジャパンで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.