定年退職者がビジネスを始めるためのヒント

会社を卒業した元会社員がビジネスを始めるには、ビジネスの種をどう探すかである。定年退職後に独立を考えている60歳代のシニアは自分に頼る人生を始めることになる。60歳で転職できても65歳で仕事を失う。そんな運命がある。

60歳代というのは考えさせられる年齢である。体力は衰え始め、雇用の機会は減少し、自分で生活費を稼ぐ世界に追い出される。会社員の人は経験のない環境で精神的に苦しめられる。自分の人生の総決算が定年退職を迎えた時になる。60年間、一体何をスキルとして身につけてきたのか、その能力でお金を稼ぐことが出来るのか。

会社に勤めなくても一人で稼げればそれが一番。自活が出来る人は60歳代でも問題を抱えない。あとは何時まで働き続けるかが課題になる。

自分のスキルとアイデアでお金を稼ぐ

お金の稼ぎ方は周りの人が困っていることを見つけてそれを解決させてあげることでお金を得られる。ビジネスアイデアは自分の足元に転がっている場合が多い。転がっているビジネスの種に気が付くか、気が付かないかが課題になる。

他の起業家はどんなビジネスの種で起業するかを調べる

身近なニーズを嗅ぎ分けてお金に替える仕組みを考え出すことでビジネスの種は得られる。それを得るには自分の足で行う市場調査が必要になる。簡単な話、これからビジネスを始める人たちがどのようなビジネスで始めるのかを参考にすれば良い。

他の起業家の種が参考になり自分のビジネスの差別化を図る出発点になる。ただ、そこにビジネスチャンスがあると思ってはいけない。あくまでも参考情報として活用する。ビジネスの種は他人のアイデアにあるのではなく自分の気づきから生まれてくるもの。

どんなに素晴らしいビジネスのネタでも自分ではできないものが多い。他人の力をうまく活用できる才能があれば、それが自分のスキルになり、そのスキルを最大限に活かすことでお金を稼げるようになる。お金を稼ぐ能力やスキルは目に見えるものと見えないものがある。

自分にそのようなスキルがなくてもそのスキルを持っている人を見つけ共同パートナーとして一緒にビジネスを始めれば良い。他人の能力をうまくビジネス化する才能があればそれが出来る。

ビジネスパートナー

自分にビジネスを作り出す経験、知識、能力がある人は、自分のスキルを最大限に活かす方法を見つけるだけでよい。あとは、小さいな失敗を繰り返して成功に導く試行錯誤をするだけである。

自分にはそんな経験も知識もスキルもないが、能力がある他人とうまくやっていける性格やリーダーシップがあれば一緒にビジネスを始められる。一般的に技術屋と営業マンのパートナービジネスがその典型的な例になる。自分に欠けているものを補える同士が力を合わせることでお金を稼ぐという方法だ。

一人でお金を稼ぐ方法が一番楽で始めやすい。これが出来る人であれば、あとはやるだけ。多くの人はこれができない。事業パートナーを探すにしても自分の役割を明確にしてそれを自覚していないと求めるパートナーを探すことができない。

烏合の衆が集まってもビジネスは始まらない。自分の分野でお互いの力を補完しあえればパートナーとしてプラスの恩恵を感じられる。その時は運命共同体である。どちらか片方が動き続けられなくなるとビジネスは止まる。一人で始めるビジネスとの違いは、このリスクがいつ起きるかわからないことだ。

お互いが頼り始め過ぎるとビジネスは空回りし始める。自分の目標とパートナーの目標を同じにしない。売上という結果で目標が同期するようにする。イメージとしては一人でビジネスを始める個人事業主が二人いてそれそれのビジネスを補完することで最大限の売上を作るという感じである。1+1=5に出来るようにするシナジー効果を生むパートナーシップである

自分が持つスキルでお金に替えるのに欠けている部分をパートナーのスキルで補完する。そんな出会いを探すのも選択肢に入れて良い。

既に誰かが始めているビジネスは避けるべき

競争が激しいレッドオーシャン市場で起業するのはシニア起業には向かない。競争がないブルーオーシャン市場を探す。つまり、誰も挑戦したことがないビジネスアイデアで挑戦することが一番成功する可能性が高い。市場開拓型の起業になる。

メリット

  1. 競争相手がいない
  2. 営業結果は自分しか分からない
  3. 他人にない市場経験値を持てる

 

ディメリット

  1. 未知の市場で手探り状態から始まるため試行錯誤で労力と時間が取られる
  2. 参考になる情報がない
  3. ビジネスが立ち上がるまでの時間が予想以上に長くなるリスクがある(運転資金が足りなくなるリスク)

 

大きな市場よりもニッチ市場を狙うのがお勧めである。例えば、マニア市場。表に出てこない特定マニア市場は自分自身がそのマニアになっていないと分からない。マニアであればその市場のニーズがわかる。あとはどのようにすればお金を稼げるかの戦略になる。

結論

定年退職者がシニア起業をする時、起業するビジネスの種を目に見える市場だけに囚われる。大きな市場は既に競争相手がいっぱいいる。狙うのは競争相手がいないブルーオーシャン市場である。それもマニア市場がシニア起業向けである。自分自身もターゲット市場のマニアでないと始まらない。

ビジネスの種は足元に転がっている場合が多い。それに気が付くか、気が付かないかの問題になる。

 

Search

私のブログサイトはリンクフリーです

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2019年現在で13年間、起業中。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!Japanで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。