安さに騙されないシニアになるには?

新聞広告で販売されている製品が多い。価格の安さで消費者を騙す。なぜか、通常製品と比べて安いのかを大きく説明していない製品広告が多い。シニアは小さい説明文を良く読まないで安い価格表示で騙されやすい。

下記が代表的な事例である。

平成28年5月7日の朝日新聞朝刊にページ全体に広告が掲載されていた。この広告は、今まで何度も見ている広告だが、いつも思うことがある。本来知らせるべき情報を目に見える形で消費者に知らせていない。そのため、購入した人は後で騙されたと勘違いする。 

その製品とは、自動車のナビ製品だ!

なぜ、そんなに安いのかを堂々と説明すれば誤解が生まれないはずなのに!

まず、この製品広告を見て頂きたい。

navi1 

状況を知らない消費者がこの宣伝広告を見れば、価格で釣られやすい。次の写真を見て頂きたい。

navi2 

紙面の右下隅に分かりづらい説明が書かれている。VICSには対応していませんカーナビでVICSに対応していないと道路の混雑情報がリアルタイムで入手できない不便さが発生する。

VICS対応でないカーナビは既に今の時代のニーズを満たしていない。それ故、その機能がない製品は売れないため在庫に成っているのだろう。 この売り方は、販売した後にクレームが来る。会社の信用にも傷がつく。本来ならば、なぜ、この製品がこんなに安いのかを説明してそのニーズに合うお客さんだけに販売すれば良い。

クリーンオフ期間があるが、カーナビ製品を自動車に取り付けてVICS機能がないことに気が付いた時は既にクリーンオフ期間が過ぎていたなんてことが起きやすい。 

消費者は、常識に反するような製品価格を疑ってみることが大切だ。販売会社やメーカーは製品の良さだけをアピールして買わせる。消費者は、マイナスな点を探して良さとマイナスを比較する。ブランドだけで製品を購入するのは危ない。自分のニーズと価格が合えばそれが理想だ。 

特別販売とか、過大広告製品は、必ず、裏がある。裏のマイナス点を探して、納得がいけば購入すれば良い。世の中は騙し、騙されるの世界だ。何事も疑ってかかることがシニアにとって重要である。 

 

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2019年現在で13年間、起業中。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!Japanで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2019 Goyat. All Rights Reserved.