高齢者も若者も複数の収入を得る仕組みを考える必要がある

multiple income stream

イギリスがヨーロピアン連合を離脱するというニュースを見た。大きな変化がヨーロッパでも起き始めている。アジアでは、中国が覇権主義で領土を広げようとしている(まだ戦前の思想が生きている国:未熟な国と政府)、中東では、イスラム教徒による内紛が続き、米国ではトランプがナチのヒットラーのようになろうとしている。

日本はどうか?

生活不安と言う大きな変化! 

大きな変化が日増しに増えてきているのは誰もが肌で感じているだろう。自然環境の異常による災害、ヨーロッパをまたがる難民問題、中東の戦争、中国の覇権主義、パワーバランスの不均衡、グローバルな貧富格差の拡大、少子高齢化、日本国憲法の改正運動など安定から不安定に向かっている。

生活をする上で安定した経済活動は必須だ。海外からの影響が大きい日本は、2020年に開催される東京オリンピックを起爆剤にして第二の高度成長期を作り出そうとしている。これを成功させるための外的要因は変わってきている。65歳以上の高齢者が人口の4分の1では、労働力の面でパワーがない。 

こうなると人工知能とロボットによる生産性向上に期待するしかない。 

会社経営で一番コストがかかる要素は、人件費だ。経営者は、利益を上げるために経費を抑える。人件費を安く出来れば、都合の良いように使ったり止めたり出来れば、経営の効率は上がる。 特に、経済が不安定で売り上げに期待できない場合はリストラや雇用保留が増える。

同一賃金同一労働の雇用環境が生まれれば、今よりも労働環境は柔軟になる。今は、正規社員と非正規社員の違いが大きすぎるために歪な雇用形態になっている。経営者は、出来るだけ少ない正規社員と使い捨てが出来る非正規社員を上手く使って経営の効率化を図ろうとしている。

そのしわ寄せは、いつも弱者に降りかかる。 

経営者は、ビジネスをする上でのリスクを背負っている。会社に雇用される社員よりも大きいリスクを抱えている。社員はそのことを頭で理解しても肌で感じていない。肌で感じ始めるのは、会社の売り上げが落ち始めて止まらなくなる時だ。優秀な社員は退職していき、新規採用を止めて、仕事の量が増える。そんな時、初めて社員は働くというリスクを肌で感じる。 

シャープや東芝というブランドの大手企業でも存続が危うい状態になるご時世だ。大企業だから雇用が確保されているなんて思っていたら、リストラ対象者になっていたという矢が降ってくるかもしれない。組織に頼るのは自然だが、自分で自分の生活を守ると言う事も真剣に考えるべき時代になった。 

生活費を稼ぐチャンネルが会社からの給与だけというのは、今の時代ではリスクがある副業は必須になり始めている。副業と言っても色々ある。インターネットでの副業が一番問題が少なく、上手く行けば給与額以上の収益を得られる。何をやるにしても自分のリソースを上手く使って収益チャンネルを増やす事だ。

シニアも年金以外の収益チャンネルを持つ事だ! 

年金以外にお金が入ってくるのは、株式投資というシニアが多い。お金の運用益で稼ぐという方法は昔からある。それで継続的に稼げればそれが第二のキャリアに成る。性別年齢不問のキャリアだ。これが出来るのは、勘が鋭いシニアか、余裕資産が沢山有るシニアかもしれない。

多くのシニアは、毎月の生活費を何とかするためにアルバイトやパートで忙しいのかもしれない。特に、夫をなくしたシニア女性は大変である。自分の年金や夫の遺族年金だけでは食べて行けない。仕事を見つけて働かないと生活が出来ない。シニア男性よりも金銭的な不自由さがある。

インターネットでブログを書く能力があるシニア女性ならば、Google Adsense広告の仕組みを活用して自分のブログで広告収益を稼いでもらいたい。ブログに広告を自動的に配信させるGoogle Adsense広告は、広告をクリックしたら広告収益が発生する。毎月その収益が給与のように指定銀行口座に振り込まれる。

広告収益を増やすには、ブログサイトを訪れる訪問読者を増やす事だ。多くの人が読みたいと思う役に立つ情報や人知れずの内容があれば、検索で読者はやって来る。これをやれば成功するという正解はない。自分でやりながら成功する方法を探るしかない。

ブログの広告収益ビジネスは、ある程度ブログサイトが成長すると手間暇がかからなくなり、1日何もしなくてもお金がチャリンチャリンと降ってくるようになる。空いた時間を近くのスーパーのレジ仕事をやったり出来る。昼間は、パートやアルバイトをやり、夜はブログを書いて広告収益を増やす。シニアの女性でインターネットを上手く活用できれば、これが可能だ。

シニア男性でも同じだ。インターネットを使ってお金を稼ぐ堅実的な方法がGoogle Adsense広告なのだ。ターゲット層を絞り込みそのターゲット層が読みたいと思う記事を毎日書いていく。毎日書く事でブログサイトのコンテンツがリッチになってくる。コンテンツの量は、その内容によってアクセス数が変わるが少ないページ数よりも沢山のページ数の方が読者数は自然と多くなる。

ブログによる広告収益ビジネスは、会社員たちも試みている。継続できる人だけが生き残る世界だが、コツを覚えると半年ぐらいで1日1杯のコーヒー代ぐらいは稼げるようになる。

書く事が好きな人や発信したい事が多い人ほどこのブログ広告ビジネスは副業として最適である。参入は難しくないが継続が最大の壁になる。直ぐに書くネタがなくなるためだ。 

 

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2018年12月現在で12年間、起業。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!ジャパンで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.