平均余命と平均寿命で自分の人生を考える

平成25年に行われた国勢調査から「平均寿命」が算出された。男性の平均寿命は、80.75歳。女性は、86.99歳。「平均寿命」は0歳の平均余命のこと。「平均余命」は、自分の年齢からあと何年生きられるかである。今年生まれた男の子の赤ちゃんは、平均して80.75年生きられる。決して、自分も80.75歳まで生きられるというわけではない。

むしろ、

平均余命が今の年齢からどれだけ生きられるかを教えてくれる。私は62歳だから、私の平均余命は21.83年。女性ならば、26.94年となる。自分の平均余命を知りたいシニアは、こちらのページを参照して頂きたい。この数字は、一般的な数字であるので個人差はある。62歳の誰もが後21.83年も生きられるというわけではない。

62歳のシニア男性は数字の上で今から20年ぐらいは生きられるが・・・

平均余命は20年ぐらいあるとして、健康寿命はどうだろうか。平均余命が20年ぐらいあっても健康寿命が10年であると後10年間は普通の生活が出来ないということになる。これではつまらない10年間になる。シニアは健康寿命を常に意識して残りの人生を楽しむ必要がある。

平均余命20年のうち健康寿命を限りなく20年に近づける努力が必要だ。

健康寿命が短くなるきっかけがある。足の筋肉が衰えて自分で歩けなくなるときだ。活動を狭める身体の衰えは、生命力に大きなインパクトを与える。周りの老人から聞く話は、「自分で歩けなくなり介護ベッド生活を始めると死期が近づく」という話である。

足の筋肉リハビリを積極的にやらない老人は、確実に早く死んで行く。介護ベッドの上で動けなくなり、食事も取れなくなり、体はやせ細る。体は、時間とともに衰弱して行く。足の衰えで歩けなくなった時点で健康寿命の終わりが来ると言っても過信ではない。

自分で自分の体を動かせない生活は、確実に体力を衰えさせる。今まで使っていた筋肉を使わなくなり、筋肉を使わない生活環境に体の筋肉が適応してしまう。筋肉を使う活動が減少すると高齢者に死神が声をかけ始める。平均余命が長くても健康寿命が短ければ、長い間、つまらない残りの人生を送ることになる。私は、そんな生活を望まない。

平均余命が20年あってもその20年を好きなように使いたい。介護ベッドの上で身動きも取れず、頭のなかで悶々としている生活は牢獄である。

義母は、背骨の圧迫骨折で今の介護ベッド生活を送っている。彼女は、この2月から自宅からデイサービス施設で過ごす時間を持ち始めた。3月からは、週3回デイサービス施設で時間を過ごすことになる。彼女にとって自宅での生活はつまらない。誰ともお喋りをする相手がいない。デイサービス施設では、新しいお仲間が話し相手を求めて待っている。そこに喜びを感じているようだ。

足のリハビリを積極に行い、前向きに外部の人達と接触し、お喋りを楽しもうという姿勢が背骨の圧迫骨折の回復を早めている。今では、足のリハビリだけが課題になっている。今年の1月までは、私達夫婦二人が義両親宅に短期滞在して介護支援をしていた。今は、週1回家内が1泊2日で実家に行くだけになっている。

義母は、85歳だ。85歳の女性の平均余命を見てみるとあと8.30年生きられる。足のリハビリ運動とディサービス施設でのイベント活動で体力を回復してもらいたい。体力と足の筋力が回復できれば、あと、8年ぐらいは普通の生活を楽しめるようになる。デパートにお買い物に行ける。美味しい料理を友達と一緒に食べに行ける。

平均寿命、平均余命、そして、健康寿命は老人にとって意識すべき言葉である。

 

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2018年12月現在で12年間、起業。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!ジャパンで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2019 Goyat. All Rights Reserved.