70歳までにやりたいことは何か?

64歳の今、70歳になるまでにやりたい事がある。体力があり、お金を稼いでいるうちに長男夫婦、次男夫婦と一緒に海外旅行に行くことだ。行き先は、ハワイが良いと思っている。

子どもたち夫婦がまだ若いうちに家族で一緒に活動できる機会がほしい。旅行はそんな機会になる。国内旅行でもよいが、どうせならば手軽に行ける海外旅行のほうが良い思い出になるのではと思っている。

先立つものはお金!70歳までに旅行費を確保したら、皆で海外旅行だ! 

ウエブサイトから落ちてくる広告収益がある程度の金額まで確保できれば、海外旅行の費用をまかなえる。まだ、稼いでいる額が小さいので時間がかかる。経験値からやり続ければ、確実に旅行に必要な金額まで稼げると思う。

70歳になるまでに(あと6年間余裕がある)月額100万円以上に稼げるようにしたい。それを実現している人がいるから決して不可能ではない。挑戦するだけの価値はあると思っている。

老人になると体でお金を稼ぐ事が非常に難しくなる。頭で稼ぐ仕組みを準備して収入が得られるまで時間と試行錯誤が必要だ。それを今実行している。

月額収益を30万円までこの3年以内に達成できれば、長男夫婦、次男夫婦(結婚していれば)と私たち夫婦6名でハワイ旅行ができる。オアフ島だけでなく、ハワイ島やカウアイ島で宿泊をしながら地元のハワイ人と一緒に時間をハワイアンタイムで過したい。

ハワイアンタイムは、シニアの人たちの時の流れに合っている。時間に追われず、自分の気分で時間を使う。南国では当たり前だろう。 

長男夫婦も次男夫婦も休暇が取れる期間は長くても1週間ぐらいだろう。実質ハワイに生活が出来る日数は、5日間だ。観光客があまりいない現地のハワイ人たちが暮らす場所にコンドミニアムを借りてレンタカーで観光巡りをする。日数は、3日間。後の2日間は、若者たちと奥さんたちのお買い物でオアフ島のワイキキビーチでホテル住まいになるだろう。 

6人の航空チケットと宿泊代は全て私が負担する。そんな家族旅行を70歳になるまでに実行したい。

ウエブサイトから落ちてくる広告収益を積み立てていけばそれぐらいの家族旅行で発生するお金は作れるはずだ。一人頭の宿泊代と旅券で30万円とすれば、180万円から200万円用意すれば事足りるのではないか。 ハワイでの足になるレンタカーも私が負担するとしても200万円以内で済むはずだ。

家内と一緒に海外旅行をするのも良いが、皆でワイワイガヤガヤの方がもっと楽しいはずだ。別に海外でなくても国内でも良い。皆が一緒に楽しめる時間を共有できればそれで良い。欲しい物は物ではなく、楽しい時間だ。お金よりも残り少なくなっていく命という時間を楽しく使いたい。

若者にはこの心理が分からないかもしれない。高齢者は、時間と共にやれる事が出来なくなる体を持っている。70歳まではまだ体力があるし、普通の生活を送る上で支障はないはずだ。そんな状態でいる内に家族旅行をしたい!

幸せは、生活をする上で顔を会わす人たちと楽しく過すところで生まれる。

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2018年12月現在で12年間、起業。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!ジャパンで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2019 Goyat. All Rights Reserved.