シニアの時間を有効に満足が行くように使う方法

65歳を過ぎる頃、後の10年をどの様に過ごせば良いかを考えるだろう。年金を受給すると必死になって働く必要が無くなる。フルタイムの仕事からパートタイム、アルバイトの仕事に変えるシニアからNPO団体で仕事をするシニアまで色々だ。

人生の目標や生き甲斐がないシニアならば、老後の生活を充実させる過ごし方を見つける必要がある。私たち人間は、尻を叩かれないと腰を上げて歩きださない。誰もが生きている時間を失っている。後、どれだけ生きられるか誰も分からない。分からないから死ぬのを待っている。

残りの人生を受け身で待つのか、積極的に開拓して時間を有効に使うのかで自分の人生の見方が変わる。

こんな提案をしたい!

自分の命が後3年しかないという仮定でやりたい事を書き出して実行する!

体は確実に加齢で衰えていく。私のように週2回筋トレをしていても内臓の機能が劣化して行く。自分の寿命は分からないので生きているうちに出来るだけやれる事、やりたい事をやるしかない。人間は、危機感を感じないと何もしない。危機感を感じると、例えば、後3年しか寿命がないという危機感があると、3年間をどの様に過ごしたら満足が行く人生を送れるかを考える。

誰も自分の寿命を予測できない。

1日1日を後悔しないように時間を使うしかないのだが、そんなことをいつも意識して生活は出来ない。今の生活が永遠に続くような錯覚で毎日生活をしているその錯覚から目覚める時が、「あなたの命はあと3年しかありませんよ!」と言われた時だ。

誰もが後3年をどう使おうかと必死になって考える。そして、考えついたプランを実行する。それを3年毎にやって行くと有意義な時間の使い方が出来ると私は思っている。

私の義父や義母は、91歳と85歳だ。義母は、老健での生活を送り始めた。義父は、自宅で一人暮らしを始めた。年齢的にいつ神様からお呼びがかかってもおかしくない。義父の楽しみは、朝、昼、晩のお酒だ。足が弱まっているので自宅近くのコンビニ、銀行、スーパーマーケットぐらいしか外に出れない。 

いつも、自分のリビングにあるリクライニングチェアに座りながら大画面のテレビやステレオで映画や音楽などを楽しんでいる。自分で生活のリズムを作って何をいつ頃やるべきかを習慣づけている。朝、目が覚めた時、命が1日延びたと思っているらしい。

体がくたびれて来ると自分の死期を感じ始めるという。死というものが身近に感じ始める。友人、知人、親せきなどで自分より先に他界した人たちが大勢いるからだ。

幸運にも62歳の私は、両親の他界以外に親しい友人、知人で亡くなった人はいない。60歳だは、まだ、ピンピンしている年代だ。自分の寿命は分からないが、体が元気なうちにやりたい、食べたい、経験したい、見たいと思ったことを実現したい。そのためにお金を稼ぐ。そのために時間を作る。

そんな考えだ。

 

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2018年12月現在で12年間、起業。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!ジャパンで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.