年金受給額は年々減少して行くので年金生活者は何をすれば良いか?

年金の仕組みは、生産労働者が稼いだお金から年金財源が充当される。若い人たちが老人たちを支えるというタスキリレー式で回っている。若い生産労働者が大勢いる社会は、問題が無いが現在は少子高齢化で生産労働者が減少して行っている。この傾向は今後も続く。

これから年金を受給するシニアは、年金収入が年々減少して行く事を覚悟しなければならない。

70歳を過ぎた時に仕事(パートやアルバイト、派遣)を辞めて気楽な引退生活をしたいと思っているシニアが多い。 そんなシニアは、毎年減額される年金収入の事を真剣に考えて対策を取る必要が今ある。

シニアが自分でお金を稼ぐ時代(年金以外の収入がある老後)

70歳を過ぎてもお金を稼げる老人は幸せである。70歳を過ぎれば、誰もが肉体的に弱くなる。健康障害も生まれてくる。普通の労働者のような働き方は出来ない。雇用される労働には、どうしても年齢という制約がある。残る手段は、・・・

  1. 金融資産の運用でお金を稼ぐ
  2. 不動産ビジネスからお金を稼ぐ
  3. 自分独自のビジネスでお金を稼ぐ 

 1と2は多額のお金を投資する必要があるのでお金持ち向けだ。お金が少ないシニアは、知恵を使った自分独自のビジネスを作り出すしかない。肉体労働は年齢と共に出来なくなる。頭を使った知的生産ビジネスは、息が長い。シニアは、大きなビジネスを考えるよりも隙間ビジネスを考えた方がチャンスがある。

私は、あと1年で65歳になり、年金受給者になる。年金だけでは将来性が無いので生涯現役でインターネットビジネスを続ける予定でいる。そのために、時代の要請にあったビジネスモデルを試行錯誤している。シニアは、目立たないビジネスでしずかにそっとお金を稼いだほうが良い。

シニアが求めるのは、毎月の収入が出来るだけ長く続くビジネスだ。 

誰もが直ぐに出来るようなビジネスは意味が無い。自分が作り出したビジネスモデルでないとうまみも面白みもない。そんなビジネスを作るには、沢山の試行錯誤が必要になる。出来れば、50歳頃からそんな試みを始めるのが良い。60歳でも70歳でも遅くない。ポイントは、今から自分独自のビジネスを作り出す練習をすることだ。

会社員生活が長い人はどうしても誰かが作ったビジネスにぶら下がった生活を求める。もう、そんな生活から足を洗う年齢だ。世の中が年齢というフィルターで他人に頼る事を拒否し始める。自分の人生は自分で切り開くというチャンスが与えられる。その努力をしないシニアは、毎年減額される年金と今まで貯めた貯蓄で生き延びるしかない。

男性よりも女性の方が大変である。

女性は男性よりも長生きで社会的弱者である。専業主婦であるならば、夫は妻のためにお金を稼ぐことを続けなければ妻の将来は暗くなる。私は専業主婦である妻のために今のビジネスを続けると同時にその売り上げから妻の老後資金を貯めている。こんな事は、売り上げがある時期でしかできない。

働けるうちにお金を作り出すビジネスの柱を何本も作り出すしかない。年金は死ぬまで頂けるという安心感があるが、その額は実生活で必要な額には成らないという現実だ。足りないお金は、自分で稼ぐ。アリとキリギリスの物語だ。今のシニアがアリのような働き方をすれば、自分で将来の安心感を作り出せる。

自分の人生は最終的に自分が責任を取る。他人を当てにする人生から出来るだけ早く独立する事だ。

この記事「年金受給額は年々減少して行くので年金生活者は何をすれば良いか?」のポイントは、

  • これから年金を受給するシニアは、年金収入が年々減少して行く事を覚悟しなければならない。
  • シニアは、大きなビジネスを考えるよりも隙間ビジネスを考えた方がチャンスがある。
  • ポイントは、今から自分独自のビジネスを作り出す練習をすることだ。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.