私より長生きをする妻に不労所得を作り出すビジネスモデルを探す

肉体労働でお金を稼ぐ方法は、これから老いて行くシニア向けではない。シニアは、出来るだけ知能や専門的なスキルを活用したお金稼ぎを作り出すしか無い。これは、男性よりも女性に言いたい。女性は男性よりも長生きをする。金融資産がないと快適な老後の生活を送れない。国民年金の額は、月6万前後だ。この金額では到底生きていけない。

仮に夫の遺族年金をもらえたとしても金額としては不十分だろう。最低でも月額25万円ほどの収入があれば、老婦人の生活で困ることはないだろう。そうなると、月25万円から年金6万円を差し引いて19万円ほど不労所得で稼げば良い。

今から妻に不労所得を稼ぐ方法を試行錯誤で検証してもらうことが出来れば良いが。

シニアの妻でも出来る不労所得を稼ぐ仕組み、何があるのだろうか?

一般的に考えられている不労所得の作り方は、アパート経営とか、駐車場経営とか、何かと資産がないと出来ない方法しか無い。専業主婦の妻が知恵を使ってお金を稼ぐには、夫の入れ知恵とサポートが必須である。

まず、

奥さんにどの様なスキルがあるか棚卸しをする。奥さんが自信を持っている能力をリストしてどの能力でお金を稼ぎたいかを聞くことだ。3つほど候補を選択していただく。

例えば、こんな感じだ。

  1. 絶対音感があり、ピアノを子供や大人に教えるだけのスキルや経験がある
  2. 周りの人を楽しくさせる会話術と雰囲気がある
  3. 料理が飛び切り上手い
  4. コーラスの伴奏が簡単に出来る
  5. 歩くパートナーに慣れるほどの脚力がある
  6. 書くことが好き
  7. 自動車の運転が好き
  8. 英語力があり、翻訳や会話が出来る
  9. 子供に教えるのが好き

あなたの奥さんを見てどの様な能力があるかを一緒に発見する。リストした内容が肉体労働でも知的な労働でも良いから思い当たるもの全てを書き出してみる。肉体労働は、元気で健康ならばやっても構わない。体力が落ちてきた時に知的な労働にシフトすれば良いだけだ。

妻のスキルでお金が稼げる仕組み

私はインターネットビジネスで生計を立てているので妻にも同じ分野でなにか出来ないかを探している。妻のサービスを告知するサイト構築はお家芸であるので集客の入り口は簡単に出来る。

取り敢えず、

妻の才能で他人にない能力をサービスにすることから考えたい。妻は、趣味でピアノを子供や大人に教えている。レッスン料金は、毎月の小遣いになっている。金額的には生活費の足しにもならない。彼女の父の生活支援を週1回しながらのピアノレッスンであるので教えることに時間を多く使えない。

時間の問題で彼女の両親は、老人ホームのお世話になり、彼女の支援負担も少なくなる。自分だけの時間が多くなるので教える生徒さんが多くなれば生活費になるぐらいのお金が稼げるのではないかと思っている。

ピアノレッスンビジネスは、生徒をいかにして集めるかである。これはどんなビジネスに老いても同様だ。集客をどうするかだ。幸運にも私は妻のピアノレッスンのためのウエブサイトを簡単に構築できる。彼女がもっと生徒がほしいと言えば、彼女に代わってホームページで新しい生徒を集めるメディアサイトを作れる。

地域限定の子供、大人向けのピアノレッスンサービスになる。老後の生活でお金を稼ぐならば、彼女が好きなことでお金を稼ぐ仕組みを考えたほうが長続きする。夫は、妻のビジネスの基盤だけを作り、あとは妻に任せるほうが自立心が生まれる。

隙間時間を使って負担なく小銭を稼ぐ仕組み

好きなことで生活費を稼ぎながら、隙間の時間にちょっとしたお小遣いを稼ぐ仕組みも一緒にやると収益チャネルが増えて精神的に安定する。隙間時間(1日30分以内)を使って小遣い稼ぎが出来るビジネスは、ウエブサービスにある。私は、今、Quora(クオーラ)というYahooo知恵袋と類似なウエブサービスで小遣いを稼いでいる。

クオーラのビジネスモデルは、広告宣伝から収益を得ている。その種になる質問を毎日5つぐらい書いている。書いた質問に答えが書かれてそのページの閲覧数が増えてくると広告収入の分前が私の懐に入ってくるという仕組みである。

そのためには、クオーラのパートナーに招待されないと小遣い稼ぎが出来ない。クオーラのウエブサービスは、日本で始まってまだ1年余であるのでこのまま継続されるかまだ分からない。まあ、3年ぐらいはどのインターネットビジネスも様子を見るはずだから、3年以上続けば、妻に体験してもらいクオーラのパートナーになれるよう私が教えるしか無い。

まずは、自分が試験台になって小遣い稼ぎを試行錯誤してみる。その後で妻を指導して妻自身の手で小遣い稼ぎを体験してもらう。

Chromebookを使ってブログ収益を生み出す(アフィリエイトや広告収入)

妻が使える神器は、iPhone、iPad、Winodows 7パソコンである。キータイピングがあまり出来ない。ウエブサービスで小遣い稼ぎをするためには、最低限、キータイピングで苦労しないように慣れる必要がある。ブログでアフィリエイトや広告収入を得るためには、キータイピングが必須だ。

将来は、音声入力でテキストにすることも実用レベルになるだろう。自分の日記を書く時に音声入力で日記が出来上がる時代はこの数年で可能になる。妻が小遣い稼ぎをする時期にはそれが当たり前になっているかもしれない。

私は、この数年のうちに妻専用のChromebookを買い与える予定である。Windows 10のパソコンは、妻が学ぶべき事がたくさんあり過ぎて時間がかかる。Chromebookならば、ブラウザーの操作だけですぐに使える。バックアップは全て自動で行われクラウド側に全て同期されるのでハードウエアが壊れて新しいChromebookに瞬時復旧が出来る。

価格も5万円から7万円前後で快適なマシンが買える。日本ではあまり使われていないが、ヨーロッパや米国では学校の教育現場で使われているマシンだ。時間の問題で日本の教育現場に導入されてくるだろう。

Chromebookのキータイピングで苦労しなくなれば、ブログサイトを私が構築してあげてブログ記事の作成方法を教えれば良い。まずは、日記から始める。書くことを習慣づけることが一番難しいからだ。ある程度、ブログ記事を書くことになれ始めたら、私の方でGoogle Adsens広告の設定をサイトに行う。既にAdsens広告ビジネスの許可が私に降りているので共有兎パートナーとして妻と妻のブログサイトを登録するだけだ。

ブログでアフィリエイトや広告収入を得るには、最低でも3年ぐらいの時間がかかる。3年間は、収益を期待しないで記事を書き続けないと結果は生まれない。多くの人が試みるブログであるが、お金儲けをすぐに期待する人は3ヶ月以内に100%消えて行く。

妻には、私の経験を教えながらブログでアフィリエイトや広告収入を得る方法を学んでもらうしか無い。問題は、この様なビジネスに興味があるかどうかだけだ。現時点では興味がないと言う。しばらく様子見だ。

この記事「私より長生きをする妻に不労所得を作り出すビジネスモデルを探す」のポイントは、

  • 今から妻に不労所得を稼ぐ方法を試行錯誤で検証してもらうことが出来れば良いが。
  • 奥さんにどの様なスキルがあるか棚卸しをする。奥さんが自信を持っている能力をリストしてどの能力でお金を稼ぎたいかを聞くことだ。3つほど候補を選択していただく。
  • 妻の才能で他人にない能力をサービスにすることから考えたい。

 

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2018年12月現在で12年間、起業。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!ジャパンで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.