私は、週2回スポーツジムに行く。この写真は、昨日スポーツジムに行った時に写したものだ。

weights

ベンチプレスで使うウエイト(左右に20kg, 10kg, 5kg + バーベル13kg=83kg)を写した。私の目標は、80歳になった時に現在上げている83kgのウエイトを上げられることだ。80歳の老人が83kgのウエイトをベンチプレスで上げられるはずがないと思っている人がいるかもしれないが、私が通うスポーツジムでは、80歳近い老人がこの重量を上げているのだ。

決して無理な重量ではない。継続して怪我なくトレーニングをすれば、80歳の老人でも重いバーベルをベンチプレスで上げられる。全くの初心者がこのような重いバーベルを使ってベンチプレスをするのは考えものだ。何事にもステップがある。ある程度の基礎体力を作り込んだ後でやららないと怪我をする。

私は63歳であるが、シニア筋トレマニアに成っている。週に最低でも1回、2回はスポーツジムで筋トレをしないと体の調子が良くない。

筋トレはシニア、老人に素晴らしい贈り物をしてくれる!

横浜でランチを食べた後、街中をそごう横浜に向かって歩いていた。目の前に一人の老人女性が歩いていた。年齢的に80歳を越えている感じだった。歩き方が弱々しい。体も小柄でヨロヨロとゆっくり歩いている。間違って近くを通って体に触れないように歩くペースを落として遠回しで追い越した。

私も80歳を越えたら、体が枯れ始め足腰も弱くなるのだろうか?

NPO団体にいる80歳を越えた老人たちの中で力強い歩き方をしているシニア男性が見当たらない。都会の老人は、田舎の老人よりも体を活発に動かしていないからだろうか。ただ、私が元気な80歳以上の老人に出会っていないためなのだろうか。

街中を歩いている老人たちを見るたびに他山の石で自分を戒めている。私が80歳になった時は、筋肉隆々でしっかりした足取りで街中を歩きたい。 

80歳になった自分をイメージする

郡上八幡の町中を歩きながら一休みするカフェを探していた。突然、呼びかけられた。「ここの下にハートマークの鯉がいるよ。見てごらん!」と知らないシニアが私たちに声を掛けた。

carp

用水路の中に鯉が集まっている。この立て看板の下にある鉄格子の中を見ると、確かに鯉がたくさん集まっている。良く見たら、カフェの店であった。あの知らないシニア男性は、カフェのマスター。これは何かの縁と思ってここで一休みすることにした。

郡上八幡では、「ありがとう」を「おおきに」と言っている!関西ではなく、岐阜の山奥だ。

夫婦で三島大社を訪問。5月19日の午後15時頃であった。天候は晴れで清々しかった。三島大社は、いつも、自動車で通り過ぎてしまう。何度か通り過ぎてしまったので、今回は是非とも訪問したかった。家内が三嶋大社の近くに「源兵衛川」という川の中を歩ける場所を見つけた。

源兵衛川の中を散策

この写真を見ての通り、川の水が透き通っている。山から湧き出る水が流れ込んでいる。手を入れてみると冷たい。写真のように川の中を散策できる場所が何箇所もある。ゆっくり歩きながら、自然の風景を味わえる。

水の都として観光客を呼び込む:川の中を歩ける源兵衛川は一度夫婦で歩いてみるべきだ!

岐阜の郡上八幡に夫婦でドライブ旅行をしてきた。郡上八幡旧庁舎記念館の壁に貼られたこんなポスターに目が行った。オオサンショウウオを絵にしている。鮎、アマゴ、イワナなどの川魚料理が美味しい。

gujyo poster2

ときめき、やすらぎ、ふれあいが得られる郡上八幡。飛騨高山に次ぐ隠れた観光スポットである。海外からの観光客が増え始めている。私たち夫婦が見かけたのは台湾からの観光客であった。5月20日月曜日の平日であるので日本人観光客も少なかった。街中がひっそりとして自然の静けさを感じ取れる。

人混みが多い人気観光スポットよりも脚光を浴びる前の隠れ観光スポットが味わい深い!

4Kレグザ43インチの液晶テレビでNetflixやYouTube動画を見ている。週末は、Netflixオリジナル番組(エクスパンシス、ロスト・イン・スペース、A.I.C.Oなど)を長時間見る。フルハイビジョン画像でテレビを2時間見る時とNetflix番組では目の疲れが違う。Netflixは、インターネット経由のストリーミング放送である。

ネットで調べてもインターネット放送のほうが目が疲れるという情報はない。今日の午前中も3時間ぐらいNetflixオリジナル番組「エクスパンシス」を見ていた。フルハイビジョンのストリーミング配信なのだが、なぜか、普通のテレビ番組を3時間見るのと比較して目の疲れが酷く感じた。こんな疲れを毎回感じている。

私のような目の疲れ方は、特別なのだろうか。 

一つだけ確実に言えること!

老人の生活はどのような生活になっていくのだろうか。私の頭の中には、こんなイメージが有る。

  1. 普通の人のような自宅生活
  2. 家族による生活支援の生活
  3. 介護ヘルパーによる生活支援の生活
  4. 住居型有料老人ホーム(生活支援と見守りサービスがある健康な老人のための老人ホーム)での生活
  5. 介護付有料老人ホームでの生活(終の棲家になる)

自分で健康寿命を延ばす努力をする段階は、1から3までだろう。3から5の段階の生活は、自分だけでは手に負えない。生活が不自由になる。

どのような老後の生活を送りたいのかをイメージする!

シニアが仕事探しで困っている時、その問題を解決する方法を見つければそれがあなたのビジネスになる。簡単には解決できない。だから、それがビジネスになる。

シニアである強みは、シニアが肌で感じる不都合や困る事が分かることだ。そこから新しいシニア向けのソリューションサービスを作る。大きなことを考えずに地域で困っている年寄りを喜ばせることから始める。または、自分自身の問題を解決する事から始める。 

既にビジネスを始めている雇用先でシニアの仕事を探すのは困難だ。基本的に元気で体が自由に動かせて体力が無いとアルバイトも出来ない。老人は弱者になる。弱者を雇う会社はない。

じゃあ、どうすれば良いのか。

自分が生活で困っている事をリストして見る事から始める!

スマホの所有率を年代別に見ると、60代が51.9%、70代が35.7%というシニアガイドの記事があった。電車の中でスマホを見ていない乗客を探すのが難しいほどスマホは広まっている。60歳以上のシニアのスマホ所有率は、合計で85%ぐらいになる。傾向としては、シニア女性が頻繁にスマホを使っている。

私は、まだ、ガラパゴス携帯電話(ガラ携帯:フィーチャーフォン)を使っている。スマホと同等の事が出来るSIMフリータブレットを持っているのでスマホと同じ事が出来る。

でも、

電車の中はタブレットを頻繁に見る事は無い。見ても1分ぐらいだ。家族LINEの情報を見たり、受信メールを確認したり、Facebookを覗いたりしている。これほどスマホがシニアにも広がるとは思ってもいなかった。便利な端末なのだろうな!天気予報、地図、電車の時間表、メールや電話、そして、ゲームまでも出来てしまう。時間がある人は、YouTube動画を視聴している。

過去を振り返ってみると、私が中学生、高校生の頃は漫画本、文庫本、新聞を読んでいる人だけであった。大学生の頃は、Walkmanが人気で耳にイヤフォンを入れて音楽を楽しんでいる若者だらけだった。時代は、WalkmanからDiscmanのCD時代に移ったがガラパゴス携帯(スマホでない携帯電話)も登場した。

音声通話とメール送受信が主な用途であったのだが、ビジネスマンの間で広まり、徐々に一般家庭に広まった。インターネットにつながって情報を閲覧しているという認識が無いまま通信革命が社会全体に起きた。

そして、

現代はパソコンの代わりにもなるスマホ全盛時代だ。若者たちは、パソコンを使う前にスマホを使い始める。就活でパソコンのイロハを学び、初めてインターネットがスマホにつながっている事を知る。

パソコンを使えなかった主婦がスマホの利便性に目覚める!

通電車の中で見かけた70歳代の夫婦。私たち夫婦60歳代とは風貌が確かに違う。私たちよりも年寄りに見える。当たり前な事だが、見え方には個人差がある。この70歳代夫婦は、年齢なりの年寄りに見えた。遅い出勤時間であったため、電車の中は老人たちが多かった。夫婦でお出かけと言う感じだ。

元気で外出が出来る老夫婦は幸せである。70歳代で認知症になり老人ホームの中でしか生活が出来ないシニアが多い。老夫婦で外出を楽しめるならば、大いに楽しむべきだろう。電車の中で見た70歳代の夫婦は、健康そうで元気な印象がした。向かいの席に座った若いお母さんとその幼児に夫婦の目が留まっていた。

幼児に触れる機会が少なくなった老夫婦は、幼児の可愛さに引き付かれる。

私たち夫婦が70歳代になった時は、どんな風貌になっているだろうか。今よりも若さが落ちた顔と体だろう。寄る歳には勝てない!

70歳代は体の健康に最も注意すべき年齢で旅行を楽しむ最後の機会になる!

サブカテゴリ

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2018年12月現在で12年間、起業。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!ジャパンで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.