65歳から75歳までの10年間は75歳以降の老後生活を経済的に支える期間

dry summer

働けるまで働きたいと思っているのは私だけだろうか。体力が続く限り、健康上で問題なければ私は働き続けたい。問題は、年齢からくる身体の限界だ。元気な人は80歳過ぎまで働き続けている。一般のシニアは、75歳を過ぎた頃から肉体的にも精神的にも働くのが辛くなるのかもしれない。働きたいけれども体力を使う仕事は出来なくなる年齢がやって来る。

私は、後期高齢者としてラベルが貼られる75歳以降ではと思っている。

65歳から75歳までにお金を蓄える! 

65歳から75歳までの10年間は、75歳以降の老後生活を経済的に支える期間であると思う。この時に働き老齢アリになって75歳以降にやって来る厳しい冬を快適に過ごす準備をする。働ける機会があり、それができる健康と体力が有れば、体の自由で障害が発生した時に使えるお金を稼げる。

その意味合いで、何とか75歳までお金を稼ぎ続ける仕事を見つけて維持することが目標となる。 

65歳からはフルに年金を受給できる。国民年金だけの高齢者は、生活費を補填するために最低月額10万円以上のアルバイトかパート、または、自営をする必要がある。厚生年金と国民年金を頂けるシニアは、働かなくても何とか生活ができる人が多いはずだ。そんなシニアは、アルバイトかパートをして月額10万円以上を稼げば、年間120万円以上を貯蓄に回せる

これを仮に10年間行うことが出来れば、1200万円の貯蓄が計算上出来る。実際は、人間なのでそうはならないだろう。ちょっとした旅行やバカンスを楽しみたいからだ。それであっても、1000万円弱の貯蓄は可能だろう。

当然、65から75歳までの間に何度か働くことが出来ない期間もあるかもしれない。目的が明確であれば、アルバイトやパートで継続して働けなくなっても別の働き口を探す。健康で体が動けるうちは、諦めない。75歳以降の老後生活を快適にするためという大義名分が頭の中に刻み込まれていればそれが出来る。 

私はまだ65歳にもなっていないが70歳以降の老後生活で困らないためのインターネットビジネスを作りこんでいる。時代の流れにそってインターネットで稼ぐ方法が変わるので絶えずアンテナを高く出してお金を稼ぐ種を探し続けている。インターネットのビジネスは、試行錯誤の失敗から成功が生まれる。これをやれば必ず稼げるというビジネスモデルがあっても同じ成功を導き出すことが出来ない。

オンラインショップで成功している会社は過去に相当苦しんでいるはずだ。その苦しみと試行錯誤から独自のオンラインショップ運営が出来上がっている。現実のビジネスにおいても苦労や失敗なくして成功はないのである。 

65歳から75歳までの10年間を働き蟻のようにお金を貯めるためには、自分独自のお金の稼ぎ方を探して試し続けるのが基本だ。どの会社も65歳以上のシニアを喜んで雇用してはくれない。雇用される分野を自分で見つけて売り込む。 75歳以降の老後生活を支えるには、この10年間を無駄に遊ばないことだ。

働ける身体がある間に老後の資金を貯める思考が求められる。 

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.