シニアの筋力は握力で分かる!握力低下は体全体の筋力低下である!

60歳以上のシニアは、まず、このテストをやってもらいたい。

鉄棒に両手でぶら下がっていられるかどうかだ。しばらくぶら下がっていられる方は、今度は、片手で鉄棒にぶら下がっていられるかどうかを確認してください。

片手で鉄棒にぶら下がっていられるシニアは、十分な握力と筋力を持っている。安心してください。

両手で鉄棒にぶら下がっていられないシニアは、明らかに握力も体全体の筋力も低下して筋力の老化が進んでいるので、今すぐに基礎体力を作る運動を始める。

片腕でぶら下がっていられない人は、今からでも遅くないので握力と筋力を鍛える筋力トレーニングを始めるべきだ。

grip

握力と体の筋力は相関関係がある!

鉄棒で懸垂をするのは難しいが、ぶら下がるぐらいは簡単だと思っているシニアが多いはず。実際にやってみると意外な気づきがある。ぶら下がっている時間が思ったより短くなっていることだ。鉄棒に10秒もつかまっていられない。

そんなバカな!

自分の体重に耐えきれなくなっている握力(鉄棒につかまっていられる力)に驚くシニアが多い。60歳をすぎれば懸垂が1回も出来ないシニアが多くなる。上半身の筋力が老化に従って知らないうちに衰えてきているからだ。運動を定期的にしているシニアとしていないシニアの差がこんなところに出て来る。

若い頃の自分のイメージで握力を想定していると大きなショックが襲う。通常の生活シーンで鉄棒にぶら下がるということは殆どない。孫と一緒に鉄棒遊びをした時に気がつくくらいだ。孫が鉄棒にぶら下がっているのを見て自分もできると思ってぶら下がってみたら、出来ない自分に驚く。これがシニアの現実だ

シニアの筋力は、知らないうちにどんどん衰えていく。

体全体の筋力の状態を調べる時に使われるのが、握力である。普通の生活をしているシニアならば、握力で体全体の筋力の状態を調べられる。(握力に関する参考ページ

60歳を過ぎているシニアは、運動習慣を身につける努力が必要だ。仕事で忙しくないならば、週に2回ぐらいはスポーツセンターで良い汗を流してはどうか。特に筋力の衰えが激しい下半身を鍛える必要がある。足の筋肉は大きいので筋力の衰えに気が付きにくい。

多くのシニアが気が付き始める年齢が後期高齢者の歳(75歳過ぎ)になった頃だろう。足が重く感じて何故か歩くのがしんどくなる。こうなったら、深刻に足の筋肉を意識して鍛える筋肉トレーニングを定期的にする必要がある。

ポイントは、片手で鉄棒にぶら下がることが出来ないシニアは体全体の筋肉を鍛える筋肉トレーニングを始める必要があるということだ。同時に筋肉を作り出すタンパク質が多い食べ物を毎食取ることだ。

定期的に筋肉を使う運動をしていない60歳過ぎのシニアは、確実に体全体の筋肉が衰えてきているということだ。

上半身の筋肉と鍛えるならば、鉄棒で懸垂運動を定期的にすることだ。懸垂が出来なくても良いから、ぶら下がれるだけぶら下がる運動で良い。オススメだ。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.