仕事から離れた70歳代シニアは人生に何を求めるのだろうか?

NPO団体のグループ定例会に参加したときに感じた事が有る。平均年齢70歳のNPO団体のメンバーは、何を求めてこのNPO団体に参画してくるのだろうか。200名以上のメンバー全員がアクティブにNPO団体の活動に参加していないが、一部のメンバーはこの団体の活動を生き甲斐にしている。

62歳の私は、他のメンバーから「若いねぇ~!」と言われるぐらいだ。60歳代の私と70歳代のメンバーでは、見た目も体の動きも相当違いがある。

だが、

この団体での活動を生き甲斐にしている70歳代の人たちは、どう見ても現役の会社員のようだ。見ていて羨ましい。私は、本業があるのでNPO団体の活動には深く入れない。定例会に参加して自分で取れない社会の情報を得ているくらいだ。

70歳を過ぎたら自分の意志で楽しめるグループ活動が理想だ!

70歳を過ぎると多くのシニア労働者は、引退し始める。仕事が趣味で生き甲斐であるシニアはそのまま働き続けるのだが、多くは引退する。雇用されて働いていたシニアは、この時点で組織から完全に離れる。組織に頼らない自分の生活を始めることになるのだが、未知の世界に戸惑うのが普通だ。

70歳過ぎのシニアが余暇をNPO団体で過ごすのはすごく健康的な使い方であると私は感じている。お金は小遣い程度しか稼げないが、何か自分が出来る事に打ち込める機会がある。会社とは違った緩いルールで自主性によって運営されているNPO団体の活動は、70歳過ぎのシニアのメンタリティーと体力にあっている。

NPO団体の使い方は、自分の生活リズムにどう取り入れるかだ。100%NPO団体活動に自分の時間を投入することもできる。活発な活動をしているシニアは、80%以上自分の時間をNPO団体活動に使っているように思う。

人によって求める物が違う。月数回、外の空気を吸って社会に触れたいというニーズや同年代の人たちと一緒に懇親会でお酒を楽しみたいというニーズもある。NPO団体は、会社と違って自分中心に利用できる。自分が求める部分だけを味わう事も出来る。

多くのNPO団体があるが、シニアによるシニアのための運営をしているNPO団体がお勧めだ。

参考までにこんな団体がこちら、シニアが活躍する団体で見つかる。検索サイトで シニアによるNPO この言葉で探してみると色々な団体がリストされる。

70歳から80歳になるまでの10年間は、健康や寿命の面で個人差が出やすい。ある意味では、この10年間が社会的に人生を使い切る最後の時間になるかもしれない。80歳から100歳までは、社会で何かをするほど体力があるとは思えない。体力があり、体を自由に動かせるシニアだけが社会との触れ合いを維持できる。

私が所属するNPO団体でも80歳を過ぎると団体を離れていく。体に自信を持てなくなり、活動が怪しくなるからだ。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.