元気なシニアはやりたい事をやる、食べたい物を食べる、行きたい所に旅する

元気なシニアは、自分の欲求を理性で抑えたり、先に伸ばしたりする必要がないと私は感じている。60歳を過ぎれば、一度限りの人生であることを肌で感じ始める。求めていることが実現できる状態(経済的に、物理的に、環境的に、地理的に可能)であるならば、経験できるうちに実行したほうが良い。

世間体を気にしてやりたい事も出来ないシニア女性が大勢いる。ある年齢を過ぎれば、世間体をそれほど気にするほど自分に関心は行かない。皆、自分の人生の事で頭がいっぱいだ。老いから来る健康障害を少しでも感じ始めると後悔しないように時間を大切にする。時には、時間をお金で買う。

元気なシニアであるうちに未経験でやりたい事、食べたいもの、行きたい所に行って自分の欲求を満たすことだ。

「お金」と「時間」には使うタイミングがある!

お金は、稼ぐことができれば使っても稼げば、また手に入る。時間は、使っても使わなくても失っていく。時間軸の中でお金をタイミング良く使って自分の欲求を満たす。シニアは、若い人たちと違ってお金に安心を求めるためお金をタイミング良く使うことが苦手だ。お金を使うと安心が逃げていく感じがするからだろう。

確かに貯蓄金額がだんだんと減少していくと不安が生まれてくる。このままお金が少なくなると生活する上で支障が出るよなあ!と感じ始める。海外旅行に行こうと思っていても計画を先延ばしにしてしまう。お金が十分貯まってからにしようと。

この不安が必要以上に強いとお金を貯めることに執着し始めてお金をタイミング良く使って自分の人生を楽しむことを忘れるようになる。老人になればなるほどお金に頼ることになるからだ。

しかし、

老後の生活で必要十分条件を満たすぐらいのお金があるならば、ある時点でお金を貯めるよりもタイミング良く使うことに神経を使ったほうが良くなる。年齢が80歳を過ぎれば、健康障害でお金を使いたくても、使っても自分の欲求を満たせなくなるからだ。

お金は、使わなければ私たちに満足感や幸せ感を産んでくれない。

65歳の時にあの豪華なフレンチ料理を食べたいなあ!と思ってもお金がもったいないということで食べない。80歳になってその料理を食べようと思っても体が受け付けなく状態になっていたら意味がない。お金を使うタイミングは、体の健康状態に依存する。

同じことが行きたい観光地があるのに我慢して行っていない時に起きる。足の筋力が衰えた時に行きたい観光地に行こうと思っても行けない。 体力を要求する旅行は、健康で元気な年齢の時に実現すべきだ。

お金を使って実現させる欲求と自分の決断と実行力で満たす欲求がある。お金は使うタイミングを間違えると意味をなさなくなる。自分の決断と実行力で欲求を満たす時は、それを実現させる環境に依存する。

例えば、

野菜作りをやってみたいと思っている時に借りれる農地が無かったりする。思ったらすぐに実行しないとチャンスが逃げていってしまう。買いたいと思っていたドレスを買わないでまた同じドレスが何処かで見かけるだろうと思う心理と同じだ。チャンスとめぐり逢いは一度しかない

自分の時間、生命の時間、をタイミングよく使う思考がシニアに求められる。

いつまでも元気でいられるとシニアは思わないことだ。時間の問題で体はガタが来る。その時が分かっていれば、良いのだがそれが分からないのがこの世のしきたりだ。

「元気なシニアはやりたい事をやる、食べたい物を食べる、行きたい所に旅する」のポイント

  • お金と時間は使うべきタイミングがある。時間は先延ばしにできない。失っていくだけだ。
  • 時間軸で自分が求める物や事をお金を使って満たしていく。
  • やりたいと思った時にやらないと同じチャンスは二度と生まれてこない。
  • シニアは元気なうちに出来ることを先にやる

以上、「元気なシニアはやりたい事をやる、食べたい物を食べる、行きたい所に旅する」というテーマで私が考えを書いてみました。旅行は本当に体調が良いときでないと楽しめない。食べたいものも胃腸の調子が良くないと台無しになる。元気で健康な体を維持できているうちにやれることをやりたいだけやる。これしかない。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.