シニアを元気にするスタバ女子大生店員との会話

月曜日の朝、横浜のスターバックスにやってきた。久しぶりに顔を合した女子大生店員がレジにいた。どこかで見かけた事がある女子大生店員だなあと思っていると彼女から話しかけてきた

彼女:「お久しぶりです。最近、アルバイトを平日から週末に変えたのでお会いする事が出来なくなりました。夏休みに入ったので平日もアルバイトをしています。」

私はこう返した。

私:「どおりで最近見かけなかったはずだ・・・相変わらず可愛い笑顔だね!それじゃ、ドリップコーヒーのショートをマグでお願い!」

女子大生店員との会話は続く・・・

彼女:「今日はタンブラーではないのですね。」

私:「やあ、実は自宅に忘れてしまったんだ。こんな事は良くあるんだがね!だから、今日はマグにしたんだ。」

彼女:「週末はどちらのスターバックスを利用しているのですか。」

私:「筋トレで保土谷スポーツセンターに行っているのでその帰りにビジネスパークにあるスターバックスに立ち寄っている。」

彼女:「筋トレですか!そうでしょうね。体つきを見れば筋トレをやっていそうですね。」

こんな感じでアルバイトの女子大生店員と朝から会話が弾んだ。若い女性と会話すると何故か心がウキウキする。私のような還暦を過ぎたシニアが女子大生と会話する機会はそうめったにない。少なくとも彼女が私の顔を覚えてくれていて、話しかけてくれたことは驚きだった。

スターバックスのコーヒーチェーン店以外でレジの女性店員がお客に話しかけることはまずない!アルバイトのレジ店員は、お勘定の仕事をするだけだ。スターバックスの差別化は、お客とのコミュニケーションをアルバイト店員まで教育している事だ。

これは、なかなかできない。他社のコーヒーチェーンがやろうとしても会社全体でその姿勢を行動に移せるようにするだけで相当のトレーニングが必要だ。それが簡単に出来ないから、他社のコーヒー店では同じ事が出来ない。

私のようなスタバ常連客は、各店舗に顔見知りの女子大生店員がいる。彼女たちは、必ず、「吉田さん~!いつものドリップコーヒーホットですね!」と確認を取ってくれる。私は首の縦に振ってその通りだよを指示するだけだ。タンブラーを持参する時は、必ず、小さい紙カップを要求する。お客の中で私だけが小さい紙カップを求めるので自然と女子大生店員の頭に私の事がインプットされる。

女子大生店員と目があえば、必ず、「今日の髪型、似合っているね!」とか、「笑顔が魅力的だなあ!」とほめる事にしている。ちょっとした誉め言葉が彼女たちの顔を輝かせる。

スターバックスを仕事場として使っているシニアにとって彼女たちの存在は、砂漠の中で見つけたオアシスと同じ価値を持っている。インターネットの私の仕事はいつも一人だ。他の人と会話する事が無い。人との触れ合いがない時間が多いので可愛い女子大生店員との会話は、乾ききった喉を潤す水だ。中高年のおばさんよりも若くて可愛い女子大生の方が断然気分を良くさせてくれる。

以上、今日の朝の出来事を「シニアを元気にするスタバ女子大生店員との会話」というタイトルで紹介した。私と同じようなのどの渇きを覚えている人は、是非、お近くのスターバックス店に出かけて可愛い女子大生店員と会話をして見て下さい。1日の始まりが気分良く感じられるようになるのでお勧めである。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.