引退したシニアの服装は子供のようなファッション

夏休みに入り、電車の中に子供たちが乗っている。昼間の電車の中は、引退したシニアらしき老人夫婦と子供たちを多く見かける。朝は、通勤で会社員だらけだが昼間は老人たちと子供たち、そして、若い母親と赤ちゃんの天国になる。

引退したシニアのファッションは、会社勤めをしていたような服装ではない。今は夏なのでラフな格好だ。ラフな格好なのだが、どうも着ている服にこだわりがあるような感じがしない。まるで隣りに座っている子供のような感じのファッションに思える。

子供に戻るシニアと老人の品を醸し出す老人

先程乗ってきた相鉄線の電車の中で見かけた老人のファッションは、まるで自分の家の庭先で犬に餌をやっているような姿であった。Tシャツにショートパンツに運動靴だ。若い姿だが、横浜の街なかや電車の中で見たくないファッションだ。

老人の服装は、他人の目を自分で気にしない子供のようになってしまうと「老人の品」が問われ始める。 他人が見て違和感や不快感を印象づける服装はマイナスだ。そのような自意識を持っている老人と持っていない老人では、見る側の評価がだいぶ違う。

老人としての品が服装に出ていると見て憧れる。自分も年老になったらあんな服装で外出をしたいと思うようになる。老人になるとシワが増えて、体は枯れてきて、皮膚は汚くなる。体は、老人の品どころではない。醜い部分を美しいもので隠すには、服装と品格で勝負するしかない。

洒落たハイカラ帽子に麻のシャツ。体を筋トレで鍛えていれば、ストレートスキニージーンズがにあう。ぶかぶかのスポーツパンツは外出用ではない。自宅近くを散歩する時の服装だ。自分を若く見せるには、派手な柄や色の服装がシニアに適している。

なぜか、日本の老人は地味な色とデザインの服装を好んできている。地味であるとますます自分は老人であると言うことになる。ヨーロッパ人にしても米国人にしても老人は派手な色彩の服装を好んで着ている。いつも、気持は若いからだ。

自分を若く見せる自意識がある老人は、他人からの見られ方を気にする。ここに「老人の品格」が生まれてくる。服装を気にしない老人は、子供と同じになる。誰かが気を利かせて今日着ていく服装を決めてくれないとまともな格好に成らないと言った感じだ。

私は男性なので自然とシニア女性の服装に目が行く。男性の服装よりも先に女性のファッションを見て良し、悪しを判断してしまう。品が醸し出ているシニア女性のファッションは、誰が見ても同じ印象を持つ。髪型から表情、イアリングからネックレスまで。服装だけにとどまらず、体全体から醸し出てくる雰囲気がある。

生まれ育ちが違うと住む世界も違うという感じかもしれない。成金と本当のお金持ちとの違いと同じだ。何も言わなくても、雰囲気で違いが分かる。老人になればなるほどこの伝え方が顕著に服装に出てくる。これから老人ファッションが話題になる時代になるだろう。

若者ファッションと違って、老人の品を醸し出す点にフォーカスが行くのではないか。肉体は若者に負けるから人生経験と身についた知恵で若者ファッションに対抗する。

魅力的なシニア女性は、姿勢が良い。姿勢が良いと服装が一層目立つようになる。

「引退したシニアの服装は子供のようなファッション」に見えるのは、他人の目を気にしなくなった老人ファッションだ。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.