年金と月10万円以上の収入で老後生活を楽しもう!

65歳になると年金がもらえる。国民年金であると約6万5000円ぐらい。それに厚生年金がプラスされれば、合計で平均20万円前後だと言われる。元会社員ならば、月額20万円ぐらいの年金で老後を生活することになる。この金額は悪までも世間一般的に言われている金額であるので個人差はある。

国民年金だけの高齢者は、年金受給と同時に生活困窮者となる。仕事をしていなければ、とても月額6万5000円で生活が出来ない。生活保護の申請をすることになる。それが出来ない場合は、アルバイトやパートの仕事を探して働き続けるという選択しか無い。

あと、10万円以上収入があれば、老後の生活もあまり負担が無いのでは・・・

月10万円以上を稼ぐ高齢者になるには努力が必要だ!

65歳を過ぎて年金をもらい始めた人は、節約の生活を始める。入ってくる金額が固定されるからだ。決められた年金所得で生活をするには、支出をコントロールするしか無い。方法は、節約の生活だ

節約の努力はある程度必要だが、老後の生活を楽しむにはお金を稼ぐことしか無い。生活に余裕をもたらすには、最低でも月額10万円以上の収益が欲しい。月10万円を稼ぐには、時間給1000円の仕事を1日5時間、週5日、合計20日間働けば月額10万円ぐらいの所得が得られる。

このぐらいの労働時間であれば、65歳から70歳ぐらいの高齢者でもアルバイトやパートの仕事で対応できると考える。問題は、年齢と健康状態だ。70歳以上になった高齢者をアルバイトやパートの仕事で雇用してくれる会社があるか、どうかだ。

高齢者の健康状態も仕事をする上で凄く影響する。病院通いで働く時間が確保できなくなったり、普通に働く体力を維持できなくなったり、体の不調で働けなくなることである。健康寿命を維持できている70歳以上の高齢者だけがシニア労働者として対象になる。

こうなると、

月額10万円以上の収益を稼ぎ出す年齢制限が70歳ぐらいとなる。その後は、元の木阿弥になる。働く事が出来なくなったときにどうするか。この問題は、70歳以降で大きな問題となる。経済的に豊かで無い高齢者全員が対象だ。

生きがいがあっても生きがいを追求するための経済的な基盤が維持できていないと不安と生活苦だけが生まれる。昔から引退した人たちは、手持ち資金を使って株投資をしている。現在もそうだろう。株投資は、余裕資金がある人向けである。貧乏人がやることでは無い。

今、年齢が50歳代、60歳代の人は、自分が70歳以上になった時の生活設計を考える必要がある。

1.稼げるときに金融資産を増やす。

2.70歳以降でも働ける仕事を見つける。

この2つしか選択はない!そのためには、今からその準備をする必要がある。70歳以降でも働くには自分の健康寿命を延ばす努力が求められる。体が資本だからだ。出来れば、体力よりも頭脳で仕事をする選択肢を持つことだろう。

将来需要がある資格を調べてその資格取得の勉強と経験を積む。自分の専門分野を深掘りして尖ったサービスを考え起業する。インターネットで仕事が出来る物を捜す。人それぞれ知識も能力も違う。自分が出来るという物から可能性を見つけるしか無い。

頭だけで考えても分からない場合が多い。実際に自分がやりたいと思っている仕事をやっている人がいるならば、そのような人たちに面会して色々情報を取得して検討すべきだろう。前向きに残った時間を使うことで生きるためのヒントが見えてくる。誰もが手探りで始める。

その努力を今からやるか、やらないかの違いだ! 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.