60歳代と70歳代のシニアの生活に違いがあるのだろうか?

60歳代の私は、70歳代の高齢者のライフスタイルに興味がある。60歳代は、見かけも体力も気力もまだ若い。仕事があれば、普通に働ける。それだけのエネルギーを持っている。70歳の声を聞くと風貌も動作も顔色も若さを感じられなくなる感じがする。

平均年齢70歳のNPO団体で見かける高齢者たちからそんな印象を持つからだ。定例会が毎月会議室を借りて行っているのだが、ビルの8階にある。 誰一人として階段で上がって行こうとしない。また、階段を下りて行こうとしない。一台しかないエレベーターに並んで1階まで下りて行く。

明らかに足の筋力と体力に問題を抱えている。70歳代になると体を動かすのが不自由になるのではと思わざるを得ない。70歳代の体は、普通の人であれば、体力が激減するというか、知らないうちに体の筋肉が減少して悪影響が体のどこかに現れる。

10年と言う年齢差で「老人」というラベルが張られる!

60歳代と70歳代では風貌で違いが出てくる。体全体から放出されるエネルギーレベルや動作にもその違いが歴然と出てくる。70歳代の人は、動作がゆっくりしている。その動作で毎日の生活が営まれているのだと思う。

老いてくると1日の生活でやれることが少なくなっていく。以前出来た事が出来なくなるためやらなく成る。足腰が弱くなることで力を要求する作業を止めてしまう。例えば、草むしり、念入りな部屋掃除、お風呂掃除など。

70歳代の高齢者は、仕事から離れる人が多いと聞く。特に自営業のシニアは、引退を考え始める。人生でやり残したことをやり始める。身の回りを整理していつ他界しても良いように準備する年齢でもある。

でも、個人差が激しいのではないかと思う。

70歳代のシニアは、風貌から老人と言われても否定はできない。老いは体の至る部位に出てきているからだ。持病で病院通いが始まる人もいる。70歳になれば持病が一つ、二つあっても不思議ではない。免疫力の低下からくる健康疾患が多くなる。

70歳代に元気よく旅行に行かれるシニアは幸せである。足を弱くしたシニアは、遠出や旅行が難しくなる。まさに老人を字で行く感じになる。趣味があれば、毎日趣味に没頭する生活になる。趣味がなければ、どんな生活になるのだろうか?わからない。

62歳の私には、仕事と言うものがまだある。趣味もある。体も不自由をしていない。普通の若者と比較しても体力で引けを取らない。食欲も旺盛だ。持病は、治せない緑内障だけだ。

私が70歳代になれば、視野が今よりも狭くなり目で認知する能力が低下する。そのため、目で判断する機敏な動きは出来なくなる。何歳まで視野が確保できるか、まだ、分からない。現時点で右目半分の視野が見えなくなっている。

物を見る上で不都合を感じる生活が70歳代以降にやって来るのが分かっている。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.