やりたい事から老後の人生キャリアを作って行く

65歳に近づくと会社勤めをしているシニアは、老後の人生を真剣に考え始める。会社を完全に卒業する年齢であり、年金をフルで頂ける年齢でもある。仕事のしがらみから完全に開放される。そんな自由を喜ぶ半面、65歳以降の人生をどう過ごせば良いか不安を隠せなくなる。旦那がそんな精神状態になると同時に奥方も老後の生活をどの様にすべきか考え始める。主人が毎日自宅にいるという現実にどう対応すべきかだ。

夫も妻も夫の65歳を境にして二人の老後の生活をどの様にすべきかを考える必要がある。

どの妻も夫に求めるのは、自分の今までの生活のリズムを夫に壊されない事だ!

妻は夫に会社勤めと同じような生活のリズムを維持してほしいと願っている

朝出勤して夜自宅に帰ってくる生活のリズムをどの様に作り出すかが65歳の夫の命題である。理想は、今の会社でずっと働き続ける事なのだろうが、現実的に無理だ。働きたくても会社側は年齢で受け入れてくれない。残された選択は、自分で作り出すしかない事だ。朝9時から夜5時までの時間を外で費やすには、自分がやりたい事でその時間帯を埋めるしかない。

自分がやりたい事をリストする。そのリストから毎日やれる項目を上手く構成して新しい生活のリズムとキャリアを作り出す。こんな風に。

やりたい事リスト(私の事例:現在の生活のリズムになっている)

  1. カフェでインターネットビジネスをする
  2. 午前中は、CMSサイト構築の仕事やシステム保守の作業など。午後は、自社運営の集客メディアサイト作りで記事を書く。
  3. 月に3回、NPO団体の定例会に参加して違った世界を味わう
  4. 月に1回、ビジネスの勉強会に参加して情報のアップデートをする
  5. 週に2回、スポーツセンターのジムで筋トレを各2時間行う
  6. 週末の土日のどちらかを夫婦で一緒に遊ぶ日にする
  7. 春と秋に夫婦で旅行に出かける

上記が私の生活のリズムだ。11年かけてこんな生活のリズムを作り出した。歳を追う毎にちょっとづつこのリズムは変化して行く。最初からこんな感じにはなっていない。やりながら調整して行くしかない。基本、日中の時間は、自宅を離れている。これが妻の生活のリズムを壊さないからだ。

老後は、妻を自分の味方にしなければ不幸な老後を過ごす事になる!!

亭主関白よりもかかあ天下の方が、夫婦仲は上手く続く。人間の「人」の漢字は、夫と妻がお互いに支えあって出来ている。それだから生涯の伴侶になる。会社を卒業したら、自分の都合よりも妻の都合を優先した生活を考えると妻を喜ばせる事が出来る。妻は夫よりも長生きをする。妻の助けなしでは、夫の生活が回らなくなる年齢が必ずやってくる。

お互いの人生を楽しむには、夫がやりたい事で日中の時間を有効に使う事である。これさえできれば、妻の生活のリズムは維持される。好きな事を探す。やりたい事を探す。65歳以降の生活は、「好きな事」と「やりたい事」を明確にして新しい生活のリズムを作り出すことだ。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.