60歳と65歳の違いは仕事のどこに現れるのか疑問だ!

定年退職の年齢がまだ60歳になっている会社が多い。65歳まで年次契約社員で働けても給与の額が違う。労働力という面で60歳と65歳では一体何が違うのだろうか。なぜ、年次契約者であると給与額が酷く下がるのだろうか。仕事の内容も同じ場合がほとんどだ。それなのに年齢だけで待遇を変えてしまう。不条理さを日本の会社システムに感じざるを得ない。

その背景には、会社側は60歳を過ぎたシニアを雇用したくないという意志が現れている。年次契約社員としての条件が気に食わなければ自発的に会社を辞めれば良いという事を誘っている。それでも会社に残って働きたいならば、文句を言わないで今まで通りの労働をしなさいということだ。

人材不足と世間では騒いでいるが、本当は人材不足ではなく、人材のより好みをしているのではないか。あと数年もすれば、そんな事が出来ないほど会社側はシニアを有効活用せざるを得なくなるだろう。シニアをバカにするな!そう思っている60歳過ぎのシニアが多い。

有能なシニアほど不条理な条件での雇用に反抗する

色々な会社がある。60歳から年次契約社員になっても労働条件が同じという会社もある。定年がない会社もある。自分が就職して働き続けた会社の実態が60歳を過ぎた時に表面化する。社員の生活を第一に考えている会社は、決して今まで会社に尽くしてきてくれた社員の悪条件の労働を提示しない。

60歳の時の給与額と61歳の時の給与額で違いが生まれるのは不思議な事だ。こんな現象は日本だけだろう。労働の質が変わったからと言うならば納得するが、同じ職場で同じ仕事をしているならば、明らかにおかしい、不条理である。

そんな怒りで会社を60歳で定年退職した知人がいる。不条理な条件下で働きたくないという意思表示だ。会社側は、それは好都合だと思っている。シニアを雇用するよりも若い人を雇用したいということだ。

だが、

若い人がたくさん集まってくる会社ならば良いが、人気がない会社は若い人を雇用できなくなっている。ここにジレンマが会社側にある。有能はシニアであればあるほど自分でビジネスを始める。不条理な労働条件に屈する60歳過ぎの社員は、自分の価値がそれだけしか無いと認めることになる。65歳まで収入があればそれで良いと妥協する。

65歳以降はどうする?

ハローワークに行っても65歳以上のシニア労働者は、使い捨て労働者としか見ていない。仕事があれば儲けものと言った感じだ。多くのシニアは、再就職を諦める。アルバイトやパートで我慢する。どんどん自分の価値を下げて行く。情けなくなる。定年退職前までは、管理職として若い人社員たちと取り仕切っていた自分が・・・と感じているシニアが多いはずだ。

社員は経営者というか、組織に上手く使われていたに過ぎない。最後にバカを見るのは、真面目に会社に忠誠を尽くし自分と家族を犠牲にしながらその会社の発展のために働いてきた社員だ。その現実が定年退職以降の自分の処遇にでる。ピエロのように操られて年齢が来たら捨てられる。これが、定年退職ではないか。

雇用する側と雇用される側の違いは、雇用される側がどんなに力んでも弱者になることだ。雇用する側はいつも強い。雇用される側に痛くなければ、雇用する側の創業者になれば良い。それが出来ないならば、弱者として働かざるをえない現実がある。

これから一人社長のシニア層が増加する。自分の価値を雇用する側になって示したいと思っているシニアが増える。どんなに騒いでもシニアを差別なく雇ってくれる会社は少ない。65歳になれば、それがすぐに肌に感じられるようになる。年齢による労働差別は倫理的にいけないことだが、理想と現実のギャップは大きい。

私は、60歳以降も年次契約社員として元の会社で働き続けるシニアになるならば、65歳になった時にどのような生活が出来るかを今から想像してその対策を準備すべきだ。もう、他人に頼って収入を得る生活は出来ないと肝に銘じるべきだ。自分に頼る生活を今から準備すべきだ。

この記事「60歳と65歳の違いは仕事のどこに現れるのか疑問だ!」のポイントは、

  • 労働力という面で60歳と65歳では一体何が違うのだろうか。なぜ、年次契約者であると給与額が酷く下がるのだろうか。
  • 自分が就職して働き続けた会社の実態が60歳を過ぎた時に表面化する。社員の生活を第一に考えている会社は、決して今まで会社に尽くしてきてくれた社員の悪条件の労働を提示しない。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.