老後の生活で安心を確保して食べて生きて行ける収入を稼ぎ出す

シニアの年金収入は、金額が少なくても当てになる。確実に政府から支給されるからだ。金額は個人差があるが、収入ゼロにはならない。大きな変化が世界各国で起きている。内戦で苦しんでいる中近東の国々。独裁者政権で国民が苦しんでいる。そんな世界情勢を見ると日本の生活環境は、幸せな状況にある。

異常気象による災害で被害を受けた地域が多いが、国全体が混乱している状態ではない。社会の秩序は維持されている。

老後の生活で幸せな暮らしを追求しようと思うならば、

  1. 住居の金銭的な負担を無くすこと(住宅ローンの解消)
  2. ライフライン(電気、ガス、水道、通信、医療費)の確保
  3. 健康な体を維持するための食料の確保

最低でもこの3つを満たすだけのお金が必要だ。

年老いてもお金を稼ぎ出す仕組み

お金が全然ないと生活に行き詰まる。お金が沢山有り過ぎると詐欺師にやられる。お金は、生きて行けるだけあれば幸せだ。大金を稼ぐ仕組みではなく、年金+月額5万円から10万円を稼ぎ続ける仕組みを60歳代のうちから考え、作り出す努力をする。肉体労働で自分の時間を売る仕事には、限度がある。

シニアが作り出す錬金術は、肉体を使わないで知恵を使って作り出す仕組みにすることだ。老人の知恵をお金に換える。そんなビジネスを60歳代に作り出せれば、老後の生活を潤す。健康で体力を維持できる生活が続けば続くほど、老後のための貯蓄額は下がっていく。お金の心配を少なくしたいならば、自分の健康に投資(運動、食事、時間)することだ。

自分の健康に投資することが難しい状況ならば、知的生産の仕事を作り出すしか無い。知恵と知識を使って困っている人たちを助ける仕組みでお金を稼ぐ。専門性と見えていないニーズを上手くマッチングさせる。簡単に見つからない。

だから、

60歳代のうちに試行錯誤を繰り返して知恵と知識で小金を上手く作り出すことを考え出す。この試行錯誤をやればやっただけ成果がある。やらなければ、何も分からない。

私のお薦めは、インターネットを上手く活用することだ。インターネットビジネスは、場所と時間、年齢と性別に囚われないでお金を稼ぐことが出来る。自分の知恵と知識をインターネットでアピールすることができれば、お客さんはお問いわせをしてくる。当然、自分のビジネスを展開するホームページがあることが大前提になる。 

60歳代であれば、インターネットの素人であっても学習ができる。インターネットの基礎から応用まで学べるオンライン学習サービスが検索すれば直ぐに出てくる。面倒臭いと思うかもしれないが、お金稼ぎは苦労と苦痛が伴うのは当たり前だからだ。これが我慢できなければ、挑戦する資格が無い。

65歳過ぎのシニアならば、暇な時間を味方にしてゆっくりと自分のペースでインターネットビジネスの基礎を学ぶことだ。学ぶべき事は広範囲であるので雑学をしながら基礎固めをするやり方が良いと思う。検索すれば、参考になるホームページが沢山出てくる。別に学校に行って学ぶ必要はない。

あなたと同じようにインターネットビジネスの基礎を学ぼうと試行錯誤している人のブログも見つかるだろう。そんなサイトを参考にしながら時間をかけてちょっとづつ学んでいく。シニアの味方は、暇な時間だ。時間を有効に使うことで今まで見えていなかったチャンスが目に入ってくる。 

この記事「老後の生活で安心を確保して食べて生きて行ける収入を稼ぎ出す」のポイントは、

  •  老後の生活で幸せな暮らしを追求しようと思うならば、
    1. 住居の金銭的な負担を無くすこと(住宅ローンの解消)
    2. ライフライン(電気、ガス、水道、通信、医療費)の確保
    3. 健康な体を維持するための食料の確保

    最低でもこの3つを満たすだけのお金が必要だ。

  • 大金を稼ぐ仕組みではなく、年金+月額5万円から10万円を稼ぎ続ける仕組みを60歳代のうちから考え、作り出す努力をする。肉体労働で自分の時間を売る仕事には、限度がある。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.