老後は生活の質を高めたい!どのような生活を求めるのか?

生活の質は、何に現れるだろうか。子どもたちを育てる年代は生活の質よりも節約に目が行きがちだ。子どもたちが大人になり巣立つと夫婦二人だけの生活になる。使うお金も余裕が出始める。私たちは真っ先に食料品に生活の質を求めた。

朝食で食べるパンもパン専門店で買ったパンにした。スーパーで買う食パンもパン専門店で買う食パンとでは味が違う。毎日とは言わないが、美味しいパンを食べ始めた。夕食もステーキを食べる機会が増えた。肉も量よりも質になった。本当に美味しいと思える食べ物を食べ始めた。老いてくると五感が衰え始める。味の感覚が衰える前に美味しいものを食べるべきだと思う

生活の質は、残された時間を如何にに楽しむかだ。満足が行く時間の使い方が問われる。

今までやりたくても出来なかった事を体験したい!そう、思うシニアが多いのでは?

この夏、家内が実家で父親の介護支援をしていた時、私はこんな事をした。やりたくて、やりたくて出来なかったことだ。他人から見ればそれがどうしたのという事だが、私にとっては興奮した。 

  1. 高価ないちごを買って食べて見た。10数個あった大きないちごを一人で食べ放題をした。家内がいるとこんなことは出来ないからだ。美味しかったが、あとでお腹を壊した。
  2. 高級なももを一つ買って食べてみた。ももは甘くて美味しかった。安いももと比較してその味の違いはあった。
  3. NetflixのSFドラマを1日中見放題をした。家内がいると長時間見られないからだ。

実に大したことではないのだが、私にとっては満足が行く事であった。

子どもたちに使うお金がなくなったのでこれからはお金に余裕が生まれる。お金を貯めながら今まで我慢してきた欲求を満たす生活が少しずつできるようになっている。週末に出かけるランチドライブでは、金額に関係なく豪華なランチを楽しんでいる。お腹を満足させる方法が一番簡単に幸せ感をもたらすからだ。

この秋は、また、二泊三日の夫婦旅行に出かける予定だ。どこに行くのかはまだ決めていないが、日常生活から離れた時間を過ごすことに価値を見出している。

新しい経験は、シニアにとって新鮮だ。義母と義父の介護支援も私たち夫婦にとっては新しい経験だ。いずれ、私達も同じ境遇になるからだ。今から心して置く必要がある。思うように動かせない体が老人にとって一番困ることだ。普通に生活ができる体が如何に大切なのかが分かる。

生活の質は、健康な体を維持できていないと味わえない!お金を投資するならば、健康寿命を伸ばすことに貢献する物だ。健康に良い食べ物、運動習慣を身に付けるトレーニング、精神的な満足感を味わう旅行などだ。

この記事「老後は生活の質を高めたい!どのような生活を求めるのか?」のポイントは、

  • 私たちは真っ先に食料品に生活の質を求めた。
  • 生活の質は、残された時間を如何にに楽しむかだ。満足が行く時間の使い方が問われる。
  • 日常生活から離れた時間を過ごすことに価値を見出す。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.