80歳代で足を自由に動かせるシニアと動かせない老人

jeans

横浜でも東京でも老人を見ると元気で動き回っている高齢者と杖をついてゆっくりとゆらゆらしながら歩いている老人を見かける。80歳代のシニアの歩く機能は個人差がありすぎる。なぜ、あの老人は足が自由に動かせないのか。なぜ、あのシニアはあんなに元気に走れるのか。

自分の足で動けるシニア、歩けないシニア

旅行で地方に旅をすると農家の人たちに出会う。多くは80歳代以上の方々だ。毎日外で田端を耕している。足腰が丈夫である。歩く事で不自由をしていない。当たり前である。働いているから。農家が田端を耕せなくなったら、生活が成り立たない。毎日体を動かして野菜やお米を作っている。

杖や車椅子で仕事をしている人はいない。皆、自分の足で動き回って仕事をしている

大都会で生活をしている80歳代のシニアは、個人差がある。一般的に現役で仕事をしているシニアは歩く足で障害がない。歩けないと仕事が出来なくなるからだ。現役を引退して自宅で好きな事をしているシニアは、なぜか、足に障害を受けている場合が多い。

足を毎日使っているシニアとそうでないシニアでは、高齢化した時に相当の個人差が足の動きに現われる。自営業、または、経営者で毎日外で仕事をしている80歳代のシニアは元気である。外に出ていくためには足を使うからだ。

一方で、

自宅近所であまり足を使わない生活をズッと続けているシニアは80歳になる前に歩く筋肉が衰えて杖を使わないと外出が出来なくなる。生活習慣病の1つだ。一定の時間、毎日足を使う生活を続けているシニアの足は元気である。足の筋肉が毎日の生活を支えている。 

筋肉は正直者である。 生活環境にあった筋肉量に体を適応させる。足をあまり使わない生活習慣があると必要ない足の筋肉量を少なくする。この事実を認識しないで足を意識的に使う運動をしてこなかったシニアは今困っている。

私は、61歳である。毎日仕事で6キログラムのリュックを背負って仕事に出かける。自宅から最寄りの駅まで1.7キロメートルを歩く。自宅は横浜なので丘の上にある。帰りは、丘を登らねばならない。足の力は毎日の外出で鍛えられている。リュックの重さ6キログラムがないと体が軽く感じる。体に6キロという負荷をかけて足の筋肉に耐えさせている。 

意識的にやっているのではなく、必要だからそうなっている。リュックには、2キログラムのパソコンが入っている。残りの4キログラムは非常食の缶詰、書類、通信機器などで成り立っている。出来れば、もっと軽くしたいのだが・・・体が耐えられるのでそのままにしている。

毎日、仕事で外出する生活である。6キログラムのリュックを背負いながら、最低5キロメートルを歩いている。仕事場から自宅までの行き来で5キロだ。横浜から東京に行く時は、7~8キロぐらいになる日が多い。生活習慣で私の足は鍛えられている

Tags: ,
© 2016 Goyat. All Rights Reserved.