元気で生き生きしているシニアは起業した人が多い

私の元同僚(ソニーを卒業した社員)の殆どが起業している。ソニーの社風として俺が、俺がのでしゃばり精神がそのまま老後の生活にでているのかもしれない。言い出しっぺが責任持ってやる!これが以前のソニーの社風であった。私の年代の元ソニー社員は、井深さんや盛田さんが健在であった時代の社員だ。

盛田さんのこんな言葉を覚えている。

「会社は君たちを利用する。君たちは会社を利用してほしい。もし、会社を利用できないならば入社することを止めてほしい!」こんな言葉であった。

シニアになってからの起業は、若者以上にリスクを感じやすい。長年の会社勤めで温室育ちになっているからだ。現実は、年令に関係なく起業してやりたい事をやりたいという情熱があれば、世の中はチャンスを作ってくれる。

何かに挑戦しようとしている人は年令に関係なく目が輝いている!

やりたいビジネスがある人は、躊躇なくやったほうが良いと私は思っている。シニアには、やりたいと思った時しかやれない時間の制限がある。起業したシニアは、起業リスク以上に起業して自分のビジネスを展開したいという情熱がある。情熱が不安を乗り越える。熱い願望とちょっとした勇気があれば、起業することが出来る。

でも、

起業は情熱や願望だけでは上手く行かない。シニアには何度もやり直す時間がないかもしれない。体力に限界がある。そのため、ビジネスの種が本当に脈があるのかどうかをテストマーケティングする必要がある。テストマーケティングは、ビジネスの種を期間限定と限定予算以内でお金が稼げるかどうかというテストビジネスである。そこに市場があると考えていてもやってみたら何もなかったということを知るテストである。

自分の頭のなかで感じた、考えたビジネスの種は、現実を反映していない場合が多い。

市場ニーズを確認できれば、後はお金を稼ぐ仕組みづくりだけだ。ビジネスづくりは、お金を稼ぐ仕組みづくりが一番重要だ。その前提になる市場が見えていないと何もならない。

若い人たちは、新しい市場を作り出すという挑戦ができる。何度もやり直す時間的な余裕と体力があるからだ。シニアは、その機会がない。出来るだけ無駄な時間と体力を消耗するビジネスは避けなければならない。

目が輝いて起業したシニアは、起業1年目に色々な、不思議な体験をすることになる。組織の歯車でない経営者という立場でビジネスをすると今まで見えていなかったことや出会いに出くわす。非常に新鮮な体験になる。学ぶことが多い。何もしないシニアよりも人生の深い味を楽しめる。良いことも、悪いことも含めてだ。どっち道、人生は一度限り。行き着く先は誰も同じ。怖がることはない

私はそう思って今もビジネスを続けている。

誰もが生き残れるとは思わないが、起業に挑戦したシニアは目が輝いてアクティブに動いている人が多い。少なくとも不安を乗り越えていく自分の姿を味わえる。自分に自信を与える機会がそこにある。他界する時にあの時起業をしていればよかったと後悔しないことだ。

 

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2018年12月現在で12年間、起業。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!ジャパンで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.