減少する年金額を補填するには働く事だ

main job

シニアが仕事を探す時、その仕事は副業になるのだろうか。それとも、本業になるのだろうか。シニアには、本業も副業もないのが現実だ。お金が稼げる仕事であれば、アルバイトでも日雇いでもパートでも何でも良いのである。どのような雇用形態であろうがお金を稼げる仕事であれば、収入が流れてくる。

年金受給者でもお金の流れが毎月ある方が良い。年金の額が減少していくからだ。 

減少する年金額を補填する収入源を確保する準備!

お金を稼げる仕事があると社会の一員であるという感覚を維持できる。年寄りでも若者と同じようにお金を稼げるという自信が維持できる。

年金受給年齢になった途端に仕事を失う高齢者が多い。その時点で自分自身の自信が総崩れになる。自分一人ではお金を稼げないからだ。会社にぶら下がってお金を頂いてきたシニアは多かれ少なかれ自信損失を味わう。

年金だけで生活が維持できる人ならば、さほど心配する必要が無いかもしれないが収入源が無いと言う事に不安を覚えるはずだ。余剰資金があってお金の運用が出来るならば、それが収入源になるが今までのように定期的に必ずお金が銀行口座に振り込まれると言う事は無い。

65歳以降の高齢者のほとんどが、年金と貯蓄だけで老後生活を送る事になる。 

節約だけでは、生活が回らない時もあるだろう。そんな時にお金が入ってくる仕事を手にしていれば、先が見えてくる。収入源が固定されているとお金の使い方に弾力性がなくなる。精神的な安心が心細くなる。年金生活になるとこうなる事を事前に分かっている。

賢いシニアならば、65歳になる前にまでに新しい仕事を探しておく。または、新しいキャリアの準備をしておく。年金は、最低限の収入源だ。その収入源の額がこれから減少していく。それも分かっている人が多い。 

やるべき事は、収入源をもう一つ、二つ自分で造る事だ。

まずは、手軽に始められるチラシのポスティング作業を始めてはどうだろうか。足腰を鍛えながら小銭を稼ぎ出せる。働きながらもっとお金を稼げる仕事がないかを捜す。それが第一歩だ。最初から稼ぎが良い仕事は疑った方が良い。労働搾取の詐欺に遭う確率が高い。世の中うまい話は必ず損をする裏の仕組みが隠されている

賢いシニアは堅い橋を渡っていく。 

 

 

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2018年12月現在で12年間、起業。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!ジャパンで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.