65歳から仕事を探すよりも自分ができることを探す

誰もが言う言葉がある、「65歳が過ぎたら採用してくれる会社は見つからない!」である。このコメントは、定年退職をした知人が仕事を探している時に良く聞いた言葉だ。彼だけでなく他の知人も同じことを言っている。この言葉には現実の世界のシニア雇用の真実が見える。

65歳よりも60歳のシニアを雇う方がまだ良い選択であると会社側は考えている。シニア労働者は、これから増えて行く。競争はますます激しくなる。探している仕事がある会社に人脈があれば、その人脈でアプローチが出来る。人脈がある、ないでシニアの雇用は変わる

独立して働いている私から言えば、「なぜ、自分が出来る事で起業を考えないのだろうか!」という事だ。

65歳で幸運にも雇用されても70歳で雇止めだよ!もっと、先を読む必要がある!

65歳で雇ってくれる会社を探す時間と労力があるならば、自分が出来る事で起業するチャンスを探求したほうが未来に可能性が残る。雇われても年齢で切られるのは確かだからだ。それも自分の都合ではなく経営者の都合でだ。

65歳になれば、年金を受給できる。年金生活を送りながら、小遣い稼ぎをアルバイトやパートをしながら、自分が出来る事をお金に変えるアイデアを考えるべきだ。

65歳のシニア x 自分が出来る事 でMy Businessを考える。

65歳のシニア x 自分が好きな事 で可能性を考える。

65歳のシニア x 追求したいスキル で専門分野を作る。 

再就職と同じように簡単ではないが、もし、見つかれば未来がある。自分で自分のビジネスを作り出して好きなライフスタイルを築ける。雇用される側にいれば、老後に好きなライフスタイルは作れない。

シニアである強みと自分の強みを掛け合わせて見ることだ。

65年間の人生で一つや二つぐらい自慢が出来る何かを持っているはずだ。自慢が出来なくても好きな事が有るはずだ。自分の足元に起業のアイデアやヒントが落ちている。起業セミナーに高いお金を支払っても起業の種は見つからない。多くの起業セミナーは、ビジネスを作る方法を教えてくれないからだ。

自分の足元に落ちている種を探してほしい。

私が今探している起業の種は、物を作る種だ。私は、非常にぶきっちょである。何かを作ろうとすると上手く出来ない。出来ても笑われてしまうほど酷い作品になる。そんな私だからこそ、何か手に取って感じる製品を作ってみたいと思っている。今までのビジネスは、デジタルの世界で作るサービスやサイトである。インターネットが無ければ、ビジネスにならない。

魅力的な絵画を描く能力があれば、芸術作品を販売できる。メイカーと販売を一体化したビジネスを望んでいる。物理的な製品を作れれば、後は、インターネットを使って販売チャネルを構築するだけだ。インターネットでの販売スキルは過去の経験値から何とかなる。製品作りは、そう簡単に出来ない。私の物作りスキルが最低だからだ。

63歳のシニアが自分の手で作れるものは何なんだろうか。

いつも、そう思いながら何も出来ていない自分が恥ずかしいのだが、頭の奥深い場所にその願望が根強く残っている。今まで書いてきたブログ記事を編集して書籍にすれば、製品化できる。紙の本にすれば、手で触れる。オンディマンド印刷で販売すれば、無駄もリスクもない。それをするには、私の記事を読んでくれる市場を大きくする必要がある。自分で自分の製品を販売する市場を作るしかない

過去に私は、有料メルマガを配信してお小遣いを稼いでいた。無料メルマガ読者を有料メルマガの読者に誘導してお小遣いを稼いだ。同じ事を別の媒体でやることでビジネスを作れる。大前提は、自分の市場を持っている事だ。持っていなければ市場を作り出すことだ。

この記事「65歳から仕事を探すよりも自分ができることを探す」のポイントは、

  • 誰もが言う言葉がある、「65歳が過ぎたら採用してくれる会社は見つからない!」である。
  • 65歳で雇ってくれる会社を探す時間と労力があるならば、自分が出来る事で起業するチャンスを探求したほうが未来に可能性がある。
  • 自分で自分の製品を販売する市場を作るしかない

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.