63歳になってからの生活を振り返ってみると・・・

63歳になって4ヶ月目になる。62歳の時に起きていなかった体の不具合がある。今、悩ませていることは、親指のばね指状態だ。原因は分かっているのだが、治るまで時間がかかる。親指の第一関節を曲げるときの痛みが左親指にある。右手の親指は、第一関節を曲げられない状態である。左手の親指元あたりに軽い炎症と痛みがある。これが原因で第一関節を曲げる時に痛みを起こす。

 右手の親指は、徐々に完治し始めている。親指元あたりの炎症も和らいでいる。この炎症が治れば、親指第一関節が曲げるリハビリを入浴時に始める事ができる。あと、1ヶ月ぐらいはこのままの状態で炎症が収まるのを待つ。

左手ヒジ関節あたりに発生している腱鞘炎は、まだ、治っていない。重いものを持ち上げると痛みが発生する。この炎症は、もう、3ヶ月以上も続いている。ちょっとずつ、炎症が収まってきている。

一つ歳を取る旅に体の何処かが不調になるのではないかと感じている。本当に老化が私の体に起きている。筋トレを毎週2回やっていても老化は進むが、使っていない筋肉が多い。筋トレや実生活でいつも使っている筋肉は異常がない。

63歳の体も心もまだ若い・・・目標が明確にあればどんどん進んでいける年齢だ!

私と同じ年齢の方、65歳になる前の方は、おカネを稼ぐ、生活費を稼ぐ仕事で忙しいのではないか。65歳になると雇い止めになる可能性が大きいからだ。65歳の声を聞くと多くのシニアが、仕事が見つからない、書類選考で落とされるなどと叫び始める。働ける健康と体力があるのに定職に有りつけない年齢になる。

63歳は、65歳以降の仕事をどうするかを考え、準備する歳なのかもしれない。

12年間以上も独立した生活を送っていると雇われる、雇われないという感覚がなくなる。ビジネスが継続できるか、出来ないかの世界で売上を確保する生活の中にいるからだ。自分の努力と目標達成で自活が左右される。63歳の私にとって老いから来る体の変調は、気になる。自営業者は、全て体が資本だからだ。

会社員と違って定期的に給与が空から降ってこない。働けなくなると売上は減少する。そうならないよう定期的な売上を立てるビジネスと仕組みを考え、作り出す努力をする。

63歳の年(2018年)は、この先10年間の生活費を賄うための新しいビジネスの柱を確保する年である。新しいビジネスとは、有益な情報をネットで発信して自分のサイトを集客サイトにするビジネスだ。インターネッtビジネスの基本は、自分のサイトにどれだけ多くの訪問者を取り込めるかどうかにかかっている。

発信する情報が訪問者を引き込む「餌に」なる。有益な情報であれば、良い餌になる。あまり意味を持たない情報であれば、発信した情報がネットユーザーに届かない。

 63歳の体は、老化が進んでいても普通の生活で困ることはない。やるべき目標がはっきりしていれば、自然とその方向に向かって全速力で走っていける。時々、息継ぎをしながらカフェで休むが。

新しい出会いも生まれて新しいウエブサイトも作った。シニアのためのChromebook」というテーマサイトだ。この記事もChromebookを使って書いている。ブログ記事を書く上でChromebookは理想なツールであるからだ。「シニアのためのChromebook」のサイトは、まだ、コンテンツが充分でない。これから時間をかけて情報を発信して行く。

Chromebookのオフ会にも2度参加した。30歳代から60歳代までのユーザーと一緒にコーヒーを飲みながらChromebook関連のおしゃべりをしながら交流を深めた。今まではこんなオフ会に参加することはなかった。これからもChromebookオフ会に参加する。オフ会がある度に新しい人との出会いがあるからだ。

Chromebookという共通話題を軸に新しいつながりを構築していく。私のビジネスには全然関係ないが、一番リラックスして楽しい時間を過ごせる。これが精神的に良い。

63歳のシニアはまだまだ学んで行ける。新しい目標を作って挑戦することができる。

この記事「63歳になってからの生活を振り返ってみると・・・」のポイントは、

  • 老化の始まりで体に不調を感じ始める63歳
  • 65歳以降の仕事を確保するために63歳から準備をするべきだ
  • 63歳のシニアはまだ若い。明確な目標があればどんどん前に進んでいける。

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.