高齢者の性欲とどう向き合うか(介護施設でのセクハラ対策)

「アダルトメーカーが介護分野に進出」 という記事を読んだ。高齢者の性欲が介護施設でのセクハラ問題を起こしている。この問題は、介護施設では日常茶飯になっている。セクハラ被害の多くは、若い介護ヘルパー女性だ。老人だからもう性欲は無くなっていると多くの人は当たり前のように思っているが、性欲は本能に根差しているため無くならない。

全国で入浴に特化したデイサービスを展開する介護事業者「いきいきらいふ」が、高齢者の性欲とどう向き合うかの問題に立ち向かっている。彼らのアプローチは、性欲を自分で処理するお手伝いグッズを提供する事から始まった。男女の性的欲求を自分で処理するアダルト用品(ローションなど)を性欲でトラブルを起こしている老人に提供する事で自分で処理させる。

男性の場合、自慰処理をすれば性欲はしばらく抑えられる。女性の場合も同様だろう。

老人ホーム、介護施設の女性介護ヘルパーへのセクハラ防止

高齢者介護業界は未だにセクシャルな問題に関わることはタブー視されており、利用者の性的嗜好や生活に対して目を背けている現状がある。(引用先:いきいきらいふ

介護施設だけでなく、世間一般的に老人は本能の一部として性欲がある。その事実を社会はタブーとして表ざたにしてきていない。高齢化が進んで性欲処理でトラブルを起こす老人が増えて来ている。その氷山の一角が介護施設で働く女性介護ヘルパーだ。情熱をもって介護している最中に胸やおしりを触られるのは介護ヘルパーにとってショックな出来事になる。

高齢者介護業界で働く介護ヘルパーの間では、洗礼のような出来事で高齢者のセクハラは日常茶飯事であるという。

問題は高齢者自身で性欲処理が上手く出来ない事だ。

そのはけ口として一番身近な女性介護ヘルパーに向かう。 介護される老人が若い女性と触れ合う機会は普通の生活ではない。唯一の接点が介護ヘルパーだ。老いて来ると恥や世間体などを気にならなくなる。介護される立場になるとそれが顕著に出てくる。

これから元気な老人が沢山生まれてくる。元気な老人も同じ問題を抱えている。自分で性欲処理を上手く行えないために理性を失い間違った行動を起こしてしまう。老人にも普通に性欲があり、その処理が上手く出来る仕組みを求めている。

加齢により自慰による性欲処理が普通に出来ない老人がいる。そんな高齢者の悩みに答える試みとして性欲を自分で処理するお手伝いグッズ(TENGA製品)を提供し始めた。

性欲は死ぬまでついて回る。社会でオープンに話されないテーマだけに個々人の悩みになっている。上手く性欲を処理できる方法や仕組みさえあれば、介護ヘルパーへのセクハラは軽減されるはずだ。介護される老人に本来の仕事を気兼ねなくやって頂きたい。そのためには、老人の性欲処理という問題を解決する必要がある。

性欲は、肉体的な欲求と精神的な欲求がある。老いるにしたがって女性に触れる、見ると言った欲求が強くなる。この欲求は、介護施設にいる老人だけでなく一般の元気な老人にも言えるだろう。

この記事「高齢者の性欲とどう向き合うか(介護施設でのセクハラ対策)」のポイントは、

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.