70歳代のシニアは足の筋肉が痩けて行く・・・危機感

6人の70歳代シニアと一緒に札幌まで仕事で出張した。73歳から77歳ぐらいの方々だが、活発にNPOの仕事をこなしている。仕事を終えて知人が懇意にしているスナックで夕食を取った。そこで出た話が、健康と筋肉。特に足の筋肉が目に見えるほど失っていくことだ。73歳の方が、最近、ふくらはぎが痩せてきたことに気がついたと言う。

その話が発端となって足の筋肉を失うと死を待つ人生が始まるという話題に発展した。

スナックに同席した5人のシニアが全員うなずいた。自分の足で自由に歩けなくなると人生が終わると。年齢的に70歳後半のシニアは、友人・知人が老人ホームで生活を始めているからだ。その理由が、足だ。自分の足で歩けなくなったことが原因だ。

足の筋肉が痩せてはっと気が付く危機感!

スナックがある場所はすすきの駅近くだ。スナックの食事とカラオケが終わって各自が宿泊しているホテルに帰ることになったのだが、地下鉄を使っていくという人がいた。札幌駅まで2駅区間だが札幌駅まで地下鉄で行くという。歩いてもそれほど遠くはないと思うのだが、70歳代の方は歩くのを嫌う傾向が強い。

私が泊まっているホテルモントレ札幌は、札幌駅近くだ。すすきの駅から歩いて25分から30分で行ける距離なので私は歩いて帰った。横浜では、自宅から最寄りの駅まで歩いて20分。それを毎日歩いている。20分が30分になってもそれほど負担がない。毎日10キロのリュックを背負って歩いている。

60歳代と70歳代では、体の老化現象の程度が違うようだ。これは個人差がある。いつも活発に体を動かしながら仕事をしている人は、老化現象を抑えている。老人の体は、体を使えば使うほど若さを維持できる仕組みになっているからだ。5人の中の一人(77歳)は、毎日5キロぐらいのリュックを背負いながら大股で早く歩く生活を長年続けている。彼は確かに動きが速い。ちょっと痩せているが、体の筋肉が失われて動きが悪い印象が全然ない。

他の70歳代のシニアは、ちょっと肥満気味の体形で動きが鈍い。老化からくる体の疲れを感じている印象を受けた。そんな彼らでも足腰を鍛えないと危ないという危機感は言葉に出している。言葉に出しているのだが、失われている筋肉を取り戻す筋トレをしていない。危機感を感じているが行動に移さないで時間だけが過ぎて行く。

運動習慣がないシニアは、頭で理解していても行動に移すことが難しい。体が痩せ始めて足が細くなって焦り始める。この頃になると歩くのが面倒になり、楽する移動方法を求め始める。階段を避けてエレベーターやエスカレーターをいつも使う。遠くに歩くならばタクシーに乗ると言う感じだ。

お風呂に入る時に自分の足を眺めて頂きたい。ふくらはぎや太ももの筋肉が昔と比べて細くなってきているかどうか。記憶に残っている自分の足と比べて細いと感じたら、真剣にスポーツジムに通い始めることだ。

足の筋肉が失われているという危機感をいつも感じることで運動習慣を身に付ける重要性を意識させる。もし、若い頃にスポーツで鍛えた体であるならば、マッスルメモリー効果で筋肉をあまり時間をかけずに取り戻せる。一度、運動を止めて筋肉を失ってもまた運動を再開すれば、鍛えて作った筋肉にかかった時間より短い時間で筋肉を復元できる。

人間が歩くことを忘れたら、生きることを諦めることだ。

この記事「70歳代のシニアは足の筋肉が痩けて行く・・・危機感」のポイントは、

  • 70歳代のシニアは自分の体の筋肉が失われて行っていることを知っている。腕や足の筋力が弱くなって来ていることが顕著に感じ始めているからだ。
  • 運動習慣がないシニアは、頭で理解していても行動に移すことが難しい。体が痩せ始めて足が細くなって焦り始める。危機感がピークにならないと筋トレを始めない。
  • 人間が歩くことを忘れたら、生きることを諦めることだ。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.