東京街歩きで新しい発見とシニアの足を鍛える

高齢者の楽しみで人気があるのがウォーキング。一人で歩くよりも誰かと一緒に歩いたほうが楽しい。それも、新しい友達とおしゃべりしながら歩くのが格別に楽しい。東京近辺のシニアでウォーキングを楽しみたいならば、NPO東京都ウオーキング協会に入会したらどうだろうか。

NPO東京都ウオーキング協会』の前身である『東京都歩け歩け協会』は、東京オリンピック開催中の昭和39年(1964年)10月に東京神宮外苑で発足しました。

平成16年9月に東京都から特定非営利活動法人(NPO)の認証を受け、年間100回以上の主催大会、例会、ウォーキング教室、ミニウォーク等を企画実施し、会員相互の健康と体力づくり・仲間づくりを図り『楽しいウォーキング』活動を続けています。

ご入会いただきますと、当協会の正会員と同時に『社団法人 日本ウオーキング協会』(JWA)の加盟団体所属維持会員に登録されます。(引用先:NPO 東京都ウオーキング協会

色々なウオーキングイベントが開催されている。一人で何もする事が無いシニアは、ウオーキングイベントに参加してみると新しい友達を作れるはずだ。気分転換に足を動かすのも良い。

新しい出会いがあるウォーキングイベント!

老後の生活で一番困るのが、足の筋力の衰えだ。足は使わないと衰えて行く。定期的に足の筋肉を刺激する運動としてウォーキング活動が推奨されている。一人でウォーキングしようと始めて三日坊主で終わる人が多い。何かウォーキングを続けさせる仕組みを取り入れないと続かない。

NPO東京都ウォーキング協会は、毎月、偶数月の第一土曜日に代々木公園大噴水前に集まりウォーキング教室が開催している。このウォーキング教室では、正しい歩き方の基本を3~4キロ歩いて学ぶ。参加費は一人500円。

衰えて行く足の筋肉トレーニング孤独から逃れる仲間づくりの目的でNPO東京都ウォーキング協会の会員になってみるのも良いと思う。私も家内と横浜周辺を週末必ずウォーキングしている。10キロ以上は歩いている。いつもは自動車で通り過ぎている街も自分の足で歩くと見えていなかった新しい発見がある。

一人でウォーキングするのも良いが、二人以上で歩くともっと楽しい。しゃべりながら歩くと疲れもあまり感じない。認知症予防にも良い。歩きながらしゃべるという行為が脳を刺激する。70歳を過ぎて余生を仕事から余暇にシフトしたいシニアは、生活のリズムとしてウォーキング活動を取り入れるべきだろう。

検索で ウォーキングサークル + 都市名 の言葉で探してみると良い。多くのシニアがウォーキングを一緒にする会に参加しているはずだ。

毎日の散歩に加えて月1回ペースで夫婦でウォーキングイベントに参加して新しい仲間を増やす余暇も楽しいだろう。 高齢者の悩みは、暇な時間と健康、そして、孤独だ。ウォーキングイベントは、この問題を解決してくれる。

今、何もやる事が無くて暇をつぶしているならば、地域のウォーキングサークルを探して参加すべきだ。新しい仲間との出会いと新しい発見を楽しめるはずだ。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.