介護付き有料老人ホームの資料請求をしたら・・・

義父のための介護付き有料老人ホームを探す。ウエブ検索をして候補になりそうな老人ホームを調べ、資料請求をした。資料が宅急便で届いたら直ぐに資料請求先のA老人ホームの営業マンから電話があった。電話の内容は、実に迷惑な電話内容であった。

「ご請求なさった資料が届いているかの確認の電話です。もし、内容に不明瞭な点が有りましたらご連絡ください。」という電話であった。

私にとっては、資料請求で内容を理解するためだけに取り寄せたのであって忙しい時に電話を受ける依頼をしたのではなかった。宅急便であるので確実に到着している。依頼側がトラッキングできるはずだからだ。それが分かっていながら営業をしてきている。

お互いの時間の無駄?いや、私の時間の無駄だ!相手は営業目的で電話をかけているからだ。介護付き有料老人ホームは、営業しなければ入居者を集める事が出来ない状況なのだろうか。

1度だけの電話なら我慢が出来るが、2度営業の電話がかかってきたので我慢が切れた!

別の介護付き有料老人ホームの営業マンから2度営業の電話を受けた。この営業マンは、長谷工コーポレーションの介護サービスグループ会社の営業マンであった。1回目の電話は、請求した資料を宅急便で送ったという連絡電話であった。2回目の電話は、A老人ホームの営業マンと同じで依頼された資料が届いているかどうかの確認電話であった。

他の介護付き有料老人ホームからは資料だけが送られてきただけだ。どの世界でも売りが強い会社は、要注意の会社である。その理由は、人気がある介護付き有料老人ホームは何もしなくてもお客が集まってくるからだ。

夜の新宿の路上で客引きをやっている営業マンと同じだ。営業しないとお客がやってこない介護付き有料老人ホームなんだろう。

人生の先輩たちに介護付き有料老人ホームの選び方について助言を先日の飲み会で聞いてみた。共通したチェック項目は、(1)自分の目で現場を確かめる事と(2)働いているスタッフの雰囲気だ。受付対応のスタッフは当然ながら笑顔で応対するが、実際に仕事をしているスタッフの雰囲気はコントロールが難しいはずだ。生き生きと働いているスタッフが大勢いれば、安心して老人を託す事が出来るという。

2度電話をしてきた営業マンに対して我慢が切れた私は、相手の確認に対してこんな返答をしてしまった。

B営業マン:「先日宅急便で送付しました資料がすでに届いているかと思いますが、どうでしょうか?」

私:「いいえ。資料は届いていません。もう、電話は結構ですので・・・ガシャン!」

後で家内に聞いたら、B営業マンの老人ホームからの資料は届いていたという。訂正するのも面倒なので忘れることにした。

どの介護付き有料老人ホームも料金が高い。それぞれ独自の特徴を資料でアピールしている。老人ホームに入居する老人のニーズが違うからなのだろう。

義父は、介護支援1で自分で自立した生活を現在している。そんな義父を車椅子生活をしている人が多い老人ホームへは入れさせたくない。出来るだけ、現在の生活スタイルが維持できる環境を提供している介護付き有料老人ホームを探したいと思っている。

取り寄せた資料を眺めてサービス内容とコスト、そして、ロケーションをチェックした。それ以外の事は、実際に現地を視察して検討するしかないと思っている。それにしても東京と神奈川県では、月々の料金で10万円以上の差がある。

義父が東京都に拘らなければ、私たちが面会に行きやすい神奈川県横浜市辺りにある環境の良い介護付き有料老人ホームを見つけたい。

参考のために営業の押しが強い老人ホームも見学しようと思っている。営業しなくてもお客が集まってくる老人ホームと比較するためだ。どこに違いがあるのかを知りたい。

自分が老人ホームに入るときに参考になる。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.