目的を定めてアルバイトから始める定年退職者の仕事探し

仕事が無いから日中の時間を無駄にしてしまうという定年退職後のシニアは、精神的に不安定になる。仕事を探しても年齢の条件でほとんどがだめ。そんな現実に途方に暮れる。自分のリソース、売りが生きる仕事が見つかるようにするにはどうしたら良いか。そんな事を考えるのだが、都合よくは世の中は動かない。

今、65歳ならばあと5年は健康に気遣いながら働く必要はない。体力的にまだ十分働ける。65歳から70歳の間に自分でお金を稼ぐ経験とスキルを身に付ける必要がある。この5年間を無駄にすると70歳以降は、つまらない誰にでも出来る嫌な仕事しか見つからなくなる。面白い、楽しめる仕事をしたいならば、自分でビジネスを始める事だ。

再就職先は直ぐには見つからないから、まずは目的があるアルバイト先を探すことだ!

起業に役に立つアルバイト先を探す

自分でビジネスを始める時に一番重要なスキルがある。このスキルをアルバイト先で習得できれば、アルバイトでの労働が次に役立つ事になる。目的があるアルバイト先を探すときに時間給だけで決めてはいけない。アルバイト先でこのスキルが学べるという事で決めることだ。

起業で最も求められるスキルとは、「営業力!」である。

お客を探すことに苦労しない人ならば、どんなビジネスを始めても成功する。成功しなくても最低限好きが事で生活費ぐらいは稼げるようになる。ほとんどの起業家が失敗する最大の原因が、最初の1年間にお客を見つける事が出来なかったことだ。

自分が考えているビジネスがイメージできているならば、そのビジネスのお客を見つける営業スキルを学べるアルバイト先を探すことが今やるべきことだ。一度、そのスキルを身に付ける事が出来れば、凄いパワーをもらえる。自分に合った営業方法を作りだせれば、それが一番だ。営業マンとして働き始めて分かることは、営業はテクニックではなく人柄と誠実な姿勢だという事だ。

アルバイト先で自分の人柄と誠実さを鍛える事だ。

営業テクニックや戦術は、営業活動をやっているうち自然と学び始める。ポイントは、そのスキルを活かすには人柄と誠実な姿勢が要求されるという事だ。押し売りは誰もが嫌がる。押し売りをしなくてもお客がやってくるようにする方法を学ぶ必要がある。営業活動で会う人たちに自分の人柄と誠実な姿勢が受け入れられるようにするにはどうしたら良いかを考える。

アルバイト先は、その鍛錬の場所となる。それもアルバイト代を頂きながらだ。

アルバイト先は色々とニーズに合わせて取り換える。色々な営業活動を経験したほうが良いからだ。アルバイト先で学んだ営業方法を身に付けたら、次のアルバイト先を探して新しい営業方法を身に付ける。これをいくつか繰り返して接点を持ったお客があなたの営業姿勢に共感を持てたかどうかだ。

自分がやりたいビジネスのお客イメージが見えてくれば、アルバイトをしながらターゲット客層を攻略する下準備をする。アルバイトから起業を始める時点ですでにお客が自分についている状態にする。そうすれば、初年度から売り上げが立てられる。多くの起業家は、お客ゼロで始めるから初年度は赤字で終わる。

営業力を身に付けながら自分のお客を探す。アルバイトを無駄にしない働き方だ。

この記事「目的を定めてアルバイトから始める定年退職者の仕事探し」のポイントは、

  • 目的があるアルバイト先を探すのが定年退職者の第一歩である
  • 自分でビジネスを始める準備と経験をアルバイト先で得る
  • 起業で重要な事は、営業力である

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.