70歳以上まで働きたい60歳代シニアならばここを探して見る

70歳以上まで働き続けたいシニアは、雇用年齢の限界を今から知るべきだ。老人を積極的に雇用する会社組織は、老人でないとできない仕事を運営している法人だ。そんな会社を見つければ、70歳以上まで働けるかもしれない。殆どの民間の会社は、誰もがやりたくない3kの仕事(きつい、汚い、危険)で人材を探している

先日の朝日新聞朝刊に入っていたチラシに面白い人材募集の広告があった。トラックの助手席に座っているだけの仕事だ。運転手が荷物を配達している時、大きなガスボンベをお客さんの自宅まで運び込んで取り換える時などトラックの運転席に誰かが座っていれば駐車違反で罰金を受けないで済む。

確かに道路に自動車を駐車している時に誰かがいる、いないでは駐車違反の罰金になる、ならないの違いがある。流通関連の会社が社員1名をトラックの駐車時に駐車違反にならないように助手席に座らせて置くのは人材の無駄である。

助手席に座っているだけならば、70歳以上のシニアでも出来る仕事だ。何のスキルも経験もいらない。そんな面白い仕事の募集があった。探せば、単純な仕事が見つかる可能性はあるが前提条件は、ある程度の体力と健康だ。

もう一つの面白い仕事は、人間のレンタルサービスだ。

老人と言う価値と人間であるという価値

おっさんレンタル」というサービスを提供している人がいる。別におっさんでなくても良い。若い人でも老人でも登録は出来る。1時間1000円のサービスで必要な人間をレンタルできるサービスである。友達がいない人が友達が欲しいと思って好みの人間を友達としてレンタルする。結婚式に呼ぶ友達や親せき、両親がいないカップルは、必要な人間をレンタルする。

映画で使われるその他のキャストのような仕事だ。人間でないとダメだ。不定期であるが、特別なスキルや経験はいらない。全てお客さんが求めているニーズに合う人であれば良いだけだ。「おっさんレンタル」のビジネスモデルは、月額1万円が発生する登録料である。毎月1万円を支払ってもおっさんレンタルの人間として役に立ちたいと思っている人たちがいるという事だ。

世の中には、面白いビジネスをやっている人がいる。

70歳過ぎても仕事をしたければ、詰まる所、自分で仕事を作ることだ。雇用される仕事は、必ず、雇用する側が一方的に解雇する時期がある。経営者と深いつながりがある人は別かもしれないが、通常は年齢で雇止めだ。それを頭の奥底に刻み込んでおく必要がある。

年金プラスの収入を65歳以降でも稼ぎ出しているシニアは、生活に余裕が出る。働く事で認知症にならない予防も出来る。体を動かすことで運動能力を維持できる。雇用されて働く人は、雇用されるという制約から来る精神的なストレスが必ず生まれる。それに耐えるだけの精神力と体力が要求される。

自分で作った仕事であれば、制約は自分自身が作る。好きな仕事であれば、精神的なストレスはない。仕事のスケジュールも自分で組み立てられる。

お金を稼げる仕事を作りだすのは簡単ではないが、試行錯誤を繰り返すことで仕事を見つける、作り出すコツを身に付けられる。やるか、やらないかの違いである。無駄に時間を浪費して暇だ、暇だと苦痛を味わっているシニアならば、起業家向けの都道府県が開催している無料の起業家育成セミナーに参加して見る事だ。

神奈川県には、かながわスタートアップハブガイダンスという起業したい方向けのプログラムがある。

あなたが住むと都道府県にも一つや二つぐらいあると思うので探してみる事をお勧めしたい。

この記事「70歳以上まで働きたい60歳代シニアならばここを探して見る」のポイントは、

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.