65歳になり第二の人生を始める不安は誰にでもある!

定年退職を迎える知人がいる。60歳から65歳まで同じ会社で働き続けた方だ。会社員としてはラッキーな方である。誰もが皆同じ会社で65歳まで働けない。表向きは、65歳まで働けると会社は言っているが現実は特定な人だけだ。それが主婦には理解できないらしい。

どの社会にも表の顔と裏の顔がある。主婦は会社の裏面がわからない。当たり前であるが、生活している環境が違うので仕方がない。とは言え、65歳で定年退職を迎えて第二の人生を始めるシニアにとって、不安はいっぱいだ。

もう、通い慣れた会社に戻ることはない。社員証も名刺もなくなり、自己損失のような気持ちになる。会社を卒業した元会社員は、名刺が無くなった自分に不安を覚える。自分は一体どこの誰なんだと。

やりたい事が見つかれば不安は自然と消えて行く!

私の知人は、1年前から起業の準備をしていた。一人社長でやりたかったことをやるようだ。米国駐在中に大きな病気をして病院に入院した。幸運にもその病院で命拾いをしたらしい。それが起業への引き金になったらしい。会社側は、子会社の社長のポストを用意してくれたが、それを辞退して自分がやりたいビジネスを立ち上げた。

優秀な知人である。リスクや不安はあるが、自分で「やりたい事を追求したい」という欲求に第二の人生を任せた。何をやるにしても不安は伴う。新しいことをやる時は、リスクが伴うが同時に面白さも生まれる。上から落ちてくる仕事をするのではなく、自分で仕事が作れるのだ。自分が動けば、周りの風も影響されて動く。

組織の歯車ではなく、一人の完成したエンジンだ。動力源として動き回れる。

転職活動をして違った職場で仕事を見つける第二の人生もある。多くの65歳のシニアはその道に向かう。会社組織の下で歯車として働くのに慣れているからだ。転職した職場でも不安は伴う。うまく職場の人達とやっていけるだろうかとか、自分のスキルや経験が活かせるだろうかと。転職も冒険だ。うまく行かなかったら、その会社をやめざるを得ない。

無職になることを恐れてはいけない。

65歳はまだ現役の年齢だ。誰も雇用してくれなかったら、自分を自分で雇用すれば良いだけだ。転職しようが、起業しようが未知の世界に船出することに変わりがない。

人生の面白さは、リスクを取って不安と一緒に冒険することではないか。案外、やってみるとリスクも不安も自分でコントロールできることがわかる。多少、落とし穴に落ちたりするが、経験から学ぶことが多い。何をやっても人生は一度限りで誰も同じ運命が待っている。人生の終着駅に着く過程をどのように楽しむかはあなた自身が決めることになる。

一番いけないことは、何もしないことだ!

頭でわからなければ、体でわかるように動き出すことだ。何をやりたいのか分からないならば、何かをやり始めている65歳定年退職者の話を聞くことだ。彼に出来て私に出来ないわけがないと思うべきだ。頭のなかで結論づけてはだめだ。まず、自分でやってみて結論付ける。それまでは、何も本当のことはわからない。

不安は自分で動き始めると意識の中から消えていく。何もしないで自宅で悩んでいると不安が暴れだす。 

この記事「65歳になり第二の人生を始める不安は誰にでもある!」のポイントは、

  • 会社を卒業した元会社員は、名刺が無くなった自分に不安を覚える。自分は一体どこの誰なんだと。
  • 私の知人は、リスクや不安はあるが、自分で「やりたい事を追求したい」という欲求に第二の人生を任せた。
  • 一番いけないことは、何もしないことだ!何もしないで自宅で悩んでいると不安が暴れだす。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.