ペットを飼い始めるとどちらが主人か分からなくなるのでは?

老後になるとペットを飼うシニア夫婦が多くなる。子供が巣立って夫婦二人でいるのが物足りないのだろうか。ペットはかわいい。ペットが可愛くなると取り扱いが人間並み以上になる。私たち夫婦はまだペットを飼っていない。

知人夫婦はペット犬を飼い始めた。最初は普通の犬扱いであったが、しばらくすると人間並みに取り扱われ始めた。。犬用の服まで着せ始めた。犬は、ペットというよりも着せかえ人形のようになり始めたのだ。

私達夫婦の目には異常としか見えない!

主人とペットの寿命

寿命が30年以上あるインコやオウムをペットにすると自分が他界した後に取り残される。犬や猫は10年ぐらいの寿命だが、70歳以上の老人が飼い始めたらペットの方が寿命が長くなる場合がある。

私達は、自分たちの都合だけで生き物を遊び道具にしてしまう。もし、ペットが人間の言葉を話したら今のようなペットの取り扱いは出来なくなるだろう。

ペットは見ているだけで確かに心が落ち着く。寂しいシニアにとっては、良き一方通行の話し相手になる。口答えはしないし、適当に対応してくれる。

飼い主もペットも健康で元気が良ければ、一緒にいるだけで幸せを感じる。

でも、

最悪の事態を想定してペットの生活をどうするかを考えてからペットを飼うべきか、選択するべきだろう。ペットのことを本当に心配する飼い主ならば、自分の死後のペットのお世話をどうするか準備しているはずだ。

ペットも老いていく。健康障害でペットが動けなくなったらペットの介護で大変だ。自分の介護を優先するべきか、ペットの介護を優先すべきか、戸惑うかもしれない。

ペットは、人間の言葉を話さないから飼い主に本当のことを伝えにくい。猫にしても犬にしても彼らの生活は飼い主に依存する。自分の孤独を避けるためにペットを飼うのは本当によいのだろうか。

ペットを飼い出すとペットと一緒に出かけられる場所しか行けなくなる。旅行をするにしてもペット同伴はお断りの宿も多い。私達夫婦は、旅行が好きだ。

そのため、

ペットは飼わないことにしている。ペットの生命を犠牲にしてまで自分たちの人生を楽しもうとは思わないからだ。

ペット無しでは生きていけないほどペットに依存している老人を見かける。ペットへの投資金額が自分への投資金額よりも多い生活になっている。ちょっと考えられない。

若い家族が犬や猫などを飼うのはそれなりに意味があると思う。先が短い老人がペットを飼うのは、ある意味でペットに対して無責任かもしれない。

この記事「ペットを飼い始めるとどちらが主人か分からなくなるのでは?」のポイントは、

  • 老後になるとペットを飼うシニア夫婦が多くなる。
  • ペットに依存する生活が私の目に異常と映る。
  • 寂しさだけで生き物を自分の犠牲にする飼い方はまずい。

Tags:
© 2016 Goyat. All Rights Reserved.