今年になってお金を使い過ぎたのではと思い始めた。このアイテムは本当に必需品であったのかどうかを突き詰めると怪しくなる。怪しい購入アイテムはこんなものだ。

  1. Gendenの革財布 1万3000円ぐらい
  2. スコッチグレインの革靴 2万3000円ぐらい
  3. ZenPad 3.0 8inchタブレット 3万円ぐらい

まだ第1四半期が終わっていないのにこんなに使ってしまった。いつもならば、3万円以内だろう。人間というものは、その時の思い方で意志を変えてしまう。

革の財布は、別にあと数年は買う必要がなかった。どうしても必要なものではない。でも、買ってしまった。ちょうど、横浜元町でバーゲンセールをやっていたので今しかないと思ったからだ。

実は、この「今しかない!」と思った時に予定外のお金が私の懐から出ていっている。

欲しいという「欲をコントロール」すべき!

zenpad open

外出先で気楽にブログを書くために購入したSIMフリーのタブレットだ。3万円したが、古くなったFreetel製雅スマホよりも高性能である。ZenPad 3 8インチタブレットがこれからスマホ代わりになる。スマホは元々SMS付きデータ通信機器として使っていたのでこのタブレットも同じ用途になる。電話通話は、ガラ携帯をいつも持っているので電話機能はいらない。

さて、

外出先でブログを気楽に使えるのだろうか。試してみた!

パソコンとタブレットで比較して見る


ASUS ZenPad 3 8.0 LTEを3万円で買ってしまった!

買う予定でなかったタブレットであったが、Nexus 7下取り割引キャンペーン(9720円割引)に釣られた。Nexus 7の最初の機種を持っているが、タッチパネルに問題がある為使っていなかった。Nexus 7はSIMフリーでないのでモバイルルーターを使うか、Wi-Fiサービスがあるカフェで使うしか無い。ASUS ZenPad 3 8.0 LTEであるのでどこでもネットにアクセスできる。

スマホは、持っているが時代遅れで古い。

ちょっとした外出先でリュックに入れて行くSIMフリータブレット

築地本願寺の合同墓の生前手続きを終えてその支払を本日済ませた。夫婦二人で60万円である。永代供養墓であるのでこの金額以外に費用は発生しない。分家である私は、自分のお墓を確保しなければならない。家内の父親が祖父を築地本願寺で葬儀を行い、その席に子供の家内がいた。NHKニュースで築地本願寺合同墓サービスを見た家内は、祖父の記憶が蘇ってお墓は築地本願寺の合同墓にしようと動いた。

私自身は、自分たちお墓に拘りはなかったので私達の後を継ぐ子どもたちに金銭的な負担が生まれない合同墓は良いと判断した

自分たちのお墓が従来のお墓であろうがなかろうが、重要なのは、私達夫婦がこの世に存在したということが分かれば良いことだ。姿形は無く成っても見えない世界から自分たちの子孫を見守ることが出来ると私は信じている。

面倒なことは生前に解決しておく!

シニアがお金を使う時は、生活でどうしても必要な物か、個人の欲求で買う物かのどちらかだ。私は、基本的にあまりお金を使わない性格のシニアである。ビジネスをしているとお金を使う時に気を使う。無駄遣いはしたくないからだ。毎年、年末に翌年に買わねばならない物が浮かんでくる。目に見えている物を買うのは良いのだけれど、突発的にお金を使わざるを得ない場合は困る。

購入対象になっていない製品(1万円以上を対象)を買ってしまった。2つある。

  • Gentenの革財布(1万3000円ぐらい):古い財布がほころびて来たのに気が付いたからだ
  • スコッチグレインの撥水加工革靴(2万3000円ぐらい):今まで履いていた撥水加工革靴が痛んできたため

この二つ品は、セールスキャンペーンをやっていて通常よりも大分安かったからだ。革財布も革靴も消耗品であるのでいつか買わねばならない。タイミングが今年になっただけなのだが。

突然発生した!冷蔵庫の心筋梗塞症状と炊飯器の故障

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.