ハワイで1か月間のロングバケーションを夫婦で過ごすならば・・・

今またハワイが人気のようだ。コンドミニアムを1か月借りて老後の生活に変化を求める。気候が良く、ゆっくりでき、美味しい食べ物が沢山あるハワイで1か月間のロングバケーションをしたい。私たち夫婦はハワイを何度か旅行した経験がある。その時の旅行は幼い子供たちも一緒であったのでいわゆる観光旅行であった。

子供たちが大人になって巣立った今、二人だけの生活に変化を持たせる意味合いで環境や生活習慣が違った海外で1か月間ぐらいのロングバケーションに行って見たいと思い始めた。

ハワイ・オアフ島のコンドミニアム1か月間の滞在費は、1室20万から25万円ぐらい。後、費用が発生するのは、足となるレンタカーか、自転車、そして、食費だ。毎日外食とはならないので食費は朝と夜は自炊にして昼だけを外食にすれば安くつくはずだ。

観光客にならないで現地住民と同じ生活をすることが一番良い!

レンタカーを使わない生活をしたいならば、ホノルルにあるコンドミニアムになるだろう。私は、言葉とレンタカーの運転で何も問題が無いのでホノルルを少し離れたローカルな地域でコンドミニアムを探したいと考えている。出来るだけ現地の人たちが生活している地域でゆっくりとしたい。

ロングバケーションの目的は、観光ではない。

生活習慣と環境が違う場所で自分たちのペースで新しい発見を楽しむ事だ。こんな事をして楽しめる年齢は、60歳から75歳ぐらいではないか。健康で普通の生活が基本的に出来ていないと海外での生活は苦痛になる。

1か月間の生活費計画:

  • コンドミニアム 25万円
  • 交通費 3万円(バス、自転車、足、時々、レンタカー)
  • 食費  10万円(原則、自炊。週末に外食)
  • その他予備費 10万円

こんな感じだ。合計 48万円。まあ、現地での生活費は50万円ぐらいを目途にして航空代金が二人で20万円ぐらいならば、1か月間のロングバケーション総費用は、70万円ぐらいになる。予算に余裕を持たせるために30万円ほど追加すると二人で100万円になる。

1か月間二人で生活をする総費用が100万円。これを高いと見るか、安いと見るかは価値観に依存する。

1週間ぐらいの普通のハワイ観光パッケージの費用は、一般的に一人25万円ぐらいする。二人で50万円だ。この費用には食費や交通費は含まれない。それを考えると1か月総費用が二人で100万円と言うのは高いとは言えないのではないか。

今から100万円を貯める事が出来れば、1か月間のロングバケーションをハワイで出来る。無理な話ではない。2~3年かけて負担が無い貯蓄をするだけだ。急いで行くロングバケーションではないので旅行資金が溜まり次第行けばよい。 

ロングバケーションで豪華な生活をする必要はないのでローカルな住民と類似の生活をすれば、お金もそれほどかからないと見ている。スーパーでの食品は安い。外食だけが高い。

私の場合は、インターネットで仕事が完結できているのでハワイで仕事ができる。仕事をしながらロングバケーションが出来るので100万円の負担は100%にならない。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.