シニアが間違うパソコンの買い方

60歳代、70歳代のシニアは、会社でパソコンをうまく使いこなせなかった世代だ。定年退職後、パソコンを使えないとウエブで情報を入手したり、メールの送受信をしたり出来ないので暇な時間がある今パソコンを勉強しようとしている。

そこで、パソコンを買おうとするのだがパソコンの買い方が間違っている。

パソコンであれば何でも良いというものではない。新聞広告でよく見かける数万円のパソコンが有る。これらのパソコンは、2世代昔のパソコンで既に腐っている野菜を見かけだけ新鮮に見せている。パソコンは腐るという事実を意識してもらいたい。

シニアは、パソコンを長く使い続ける傾向が高い。Windows 10の時代にWindows XPのOSで動いているパソコンを使っているシニアが多い。Windows XPのOSで動いているパソコンは、既に化石だ。もし、Windows XP、Windows 7、Windows 8のOSで動いているパソコンが有るならば、廃棄したほうが良いだろう。特にインターネットに接続して使っているパソコンは危ない!ハッキングされるマルウエアに汚染されている可能性が高い。

シニアがパソコンを買うならば、こんな所に注意して購入する!

パソコンを5,6年先まで使い続けたいシニアを前提に助言したい。

パソコンのハードウエア

  1. CPU インテル製コア i5またはi7の機種
  2. Main Memory 8Gbytes、または、16Gbytes
  3. HDD SSD256G以上
  4. Displayサイズ 持ち歩きで使うならば12.5インチから13インチ、IPSディスプレイ;自宅で使用するならば14インチ
  5. Keyboard キータッチの感触が良いこと
  6. Touch Pad タッチパッドの滑りぐらいが良いこと
  7. デスクトップよりもノートブックパソコンが良い

Windows OS

  • 最新のパソコンにはいつも最新のWindows OSが搭載されているんで心配しなくても良い

値段

  • 10万円以下のパソコンはお薦めしない。中国製、台湾製のメーカーのパソコンは安いが不良品が目立つ。出来るだけ日本メーカー製のパソコンをオススメする。もし、高ければ米国製メーカーのHPやDellのパソコンになる。ただし、ThinkPad Xシリーズのノートブックパソコンはレノボ・ジャパンが作っているが例外になる。ThinkPad Xシリーズのパソコンは世界中の企業で使われている。ビジネス用途の定番パソコンだ。その意味合いでは安心して使える。価格も10万円から20万円以内で買える。

私は、仕事でパソコンをいつも使っている。パソコンは、3年ぐらいで新しいパソコンに買い替えている。私の意見では、パソコンは3年ぐらいで新しい技術を反映したパソコンに生まれ変わってくる。快適に仕事をするには、最新のパソコンのほうが利便性が高い。OSもどんどん変化していく。メインメモリーの容量も増えていく。

古いパソコンで問題になるのは、

  1. OSが古くてアップデートされない
  2. メインメモリーの容量が小さいために反応速度が遅くなる
  3. HDDの容量が小さいために一杯になる
  4. ディスプレイの鮮度や機能が劣化する
  5. パッテリーの劣化が激しい
  6. キーボードの文字印刷が消え始める
  7. 故障したら誰も修理できなくなる 

パソコンの技術革新は激しいため時代についていかないとそのパソコンが浦島太郎になって使えなくなる場合がある。例えば、古いパソコンにつなげるプリンターだ。最新のプリンターは古いパソコンに対応していないので印刷が出来なくなる。

購入したパソコンを長く使う予定であるならば、出来るだけ最新機能が搭載されているパソコンを購入することだ。それも高機能のパソコンを。低機能のパソコンは安いが、機能強化が出来ない。2,3年で使い物いならなくなる。

過去に私も間違いを犯して低機能のパソコンを安いから衝動買いしてしまった。今もそのノートパソコンを持っているが使っていない。CPUの弱くてメモリー容量不足。CPUが弱いとネットからのダウンロード処理に時間がかかる。ファイルコピーも時間がかかる。パソコンの立ち上がり時間も長い。安いパソコンだが、利便性が非常に悪い。

シニアが使うパソコンは利便性が良く、快適に動き、問題が少ないパソコンが一番である。Windows OSパソコンでなく、アップルのマックを購入する場合もCPUとMain Memory、そして、SSDの容量は余裕がある機種が良い。

この記事「シニアが間違うパソコンの買い方」のポイントは、

  • パソコンであれば何でも良いといことではない
  • パソコンは3年ぐらいで大幅に技術革新が起きるので野菜のように腐り始める
  • パソコンを買う時は10万円以上で最新の日本メーカー製の機種を買うことだ
  • シニアが使うパソコンは利便性が良く、快適に動き、問題が少ないパソコンが一番である

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.