シニアに仕事を!年齢にあった仕事を!

work and job

65歳を過ぎると複雑な作業や計算が伴う仕事は高齢者にとって負担になる。自分の専門分野の仕事であれば、慣れているので問題が無いが、そんな仕事はほとんどないのが現実だ。慣れない仕事や作業は単純でないと駄目かもしれない。高齢者の頭は、自分が思っている以上に柔軟性が欠けてきている。

高齢者の年齢にあった仕事とは、一体どんな仕事なのだろうか? 

新しい未経験の仕事は駄目だろう!覚えるのに時間がかかるから・・・ 

単純な労働力として高齢者を雇うならば、あまり頭を使わない仕事が良いかもしれない。チームワークでやる仕事よりもむしろ一人でこなせる仕事の方が精神的な負担が少ないのではないだろうか。私の仕事は専門的なインターネット業務であるためインターネット関連であれば、何の抵抗もなく仕事が出来る。

ウエブサーバーの管理や保守をしてほしいと言えば、直ぐに対応が出来る。メールアドレスの設定や削除も、ドメインやSSL設定も問題なく出来る。中小企業ではそのような仕事をする技術者がいないため、高いお金を払って外注してしまう。

高齢者のスキルを上手く活用するには、その人の得意分野と業務経験を活用できる仕事を与える事だ。

実は、もし私の家内が許してくれるならばこの仕事をやりたいと思っている。ショッピンカート回収のアルバイトだ。やる事は単純で自分の采配でやれる仕事だからだ。

私がこの仕事に興味を持っている理由は、ショッピンカート回収の作業は足腰を鍛える力仕事だからだ。シニアは足の筋肉から壊れていく。足を鍛えるためショッピンカート回収の作業は私のニーズを満たす

何度か家内にパートでも良いから70歳を過ぎたら今の仕事兼業でショッピンカート回収のアルバイトをやらせてくれと頼んでいる。私の仕事は、インターネットで完結するのでネットにアクセスできる時間と場所さえあれば何とでもなる。ショッピンカート回収のアルバイトも一日数時間ぐらいだ。

単純な仕事であるが、シニアの健康改善に役立てる事が出来る。誰もが出来る仕事なのだが、私のような考え方で働いているシニアがどれほどいるかは分からない。シニアが単純な仕事をする時は、副産物として何かが得られる仕事が良いだろう。会話好きな高齢者ならば、介護施設での話し相手として働ける。 

単純な仕事+副産物が得られる仕事=>これからの高齢者の仕事にする。 

庭いじりが好きな高齢者ならば、草むしりや清掃関連の仕事が良いかもしれない。自分の興味の範疇にある単純な仕事が一番の候補になる。教える事が好きな人ならば、塾での教師アシスタントとして働ける。子供や幼児が好きならば、こんな仕事(保育士支援、子度立て支援)もある。

スマホの取り扱いが出来るシニアならば、シニア向けにスマホの販売・教育業務も出来るだろう。何か今得意な事があれば、その分野の延長線に単純な仕事が転がっているのではないか。 

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.