日本の民放テレビ番組は、低俗である。年末の番組は毎年特別番組になり見るのが嫌になる。今年の年末は、民放のテレビ番組を外してネットフレックスで海外のテレビドラマや映画を見る事にした。

インターネット通信環境とネットフレックスが見えるテレビであれば、テレビでも、パソコンでも、タブレットでも、スマホでも見る事が出来る。

12月5日から無料体験で見始めたので2018年1月4日まで無料で見放題になる。見たい映画や海外のドラマが見終わったら、キャンセルを1月4日にすればお金は発生しない。

でも、

全部見終えるには、時間がかかるので契約をするだろう。月額950円(税別)で2端末で視聴できる契約にする予定だ。

年末年始はNetflixでStar Trekシリーズを楽しむ予定だ!

私は過去も今も若者たちと一緒にプロジェクトビジネスをやりたいと思い続けている。シニアが若者たちと一緒に仕事をするとき問題になるのは、メンタリティーだ。若者はシニアを見て老人と思う。事実老人なのだが。シニアは若者を見ると若年の青二才と思う。口には出さないが年齢差による違いがお互いのメンタリティーに生まれる。

若者のペースでシニアがいっしょに仕事が出来ない場合が多い。仕事で徹夜なんかできないし、忍耐力も若者ほどない。そんな違いを越えて一緒に仕事をするには、シニアでしかできない専門的な知識や経験が必要だ。若者に欠けているものを教える役割としてプロジェクトビジネスに参画できれば、老人と見られるよりも専門家と見られるようになる。

問題は、シニアの誰もが特定分野の専門家ではないのだ。

若者たちの「よろず相談シニア」になる!

自分では、無駄な浪費を出来るだけ削っていると思っているのだが、冷静に自分の生活を眺めてみるとまだまだ節約が出来るのではないかと思う。節約は美徳であるが、やり過ぎると余生を楽しめなくなる。お金の価値は、健康寿命が続く間だけ輝く。自分で動き回る事が出来ない健康障害に見舞われたら、お金の使い道が限定される。介護費用に行くだけで自分の人生を楽しむ用途に使えない。

私の無駄は、ランチ外食。仕事で毎日横浜のカフェに行く。自宅では、仕事をしない。外出してカフェでインターネットの仕事をすることで精神衛生と体を動かすという生活のリズムを作っている。

私のランチは、1回500円から1200円の出費が発生する。平均して月2万円ぐらいになる。この2万円を節約しようと思ったら、自分でお弁当を作って持っていくしかない。

無駄と感じるか、感じないか?

あと1か月で2017年が過ぎて新しい年、2018年、になる。1年を振り返る前に残りの1か月間の内にやり残したことをやってみる。または、2018年に向けての準備をする。

師走はあっという間に過ぎ去るのでこれだけはやってから新年を迎えたい。そんな思いを3つ書いておく。

人それぞれやるべきことは違うはずだ。重要な事は、この時期に2017年の締めとしてやるという事だ。時の流れに身をまかせるような老後はつまらない。自分の意思を自分の人生の中で貫き通す。それが大切だと私は思っている。

2017年12月にやるべき事

好きな年齢まで働くためには、自分でビジネスを起こすしかない。これは確かである。または、友人、知人の会社でお世話になるしかない。普通の会社で定年がない会社は少ない。定年がない会社を探しても競争に勝ってニーズを満たす能力がないと始まらない。多くのシニアは、70歳を過ぎたら雇用される機会はない!と思ったほうが気が楽だ。

仕事が見つからなければ、仕事を作るしかない。または、現状に甘んじるしかない。実にシンプルな構造だ。

会社に雇用され続けたシニアは、起業でリスクをとることに躊躇する。未経験の世界に踏み込む時は誰でもそうだ。勇気と可能性がなければ、起業は出来ない。

シニア起業が注目されているが、リスクとビジネスの種で出来る人と出来ない人がどうしても生まれる!

老後の生活を充実させるには、二つに一つの選択、または、二つを同時に選択する。

1.自分の好きな、得意な分野を追い続ける生活

2.新しい事を学んで新しい刺激を追い求める生活

これらの選択で自己満足の世界に浸る。そこでは、何らかの目的が見えていないと意味がない。そんな感じを受けている。私自身、好きな事で一つ目標を作って追い続けている。今、新しい事を学んで新しい刺激を得ようと探し求めている。

老いて来ると面倒な事をやりたがらなくなる。その傾向が自覚できるからだ。それに抵抗する意味で敢えて新しい事に挑戦したい。面倒だが学び事をすることで新しい社会とのつながりが出来るからと思っている。

目的がある老後の生活

「低栄養」になるとエネルギーとたんぱく質が欠乏し、健康な体を維持するために必要な栄養素が足りない状態になる。高齢者は、老化により消化機能が衰えて食が細くなり、栄養と水分を十分取れなくなる。食べるものに対して好き嫌いが多くある老人は、低栄養状態に成りやすい。体を健康にする必要な栄養が毎日の食事から取れなくなるからだ。

私の義母は、自宅介護で低栄養状態になってしまった。要介護5であるため介護ベッド生活になっている。普段着母が食べている食事を提供していたが、介護ベッド生活のため動くことが少ない。それで食が細くなってしまった。食べれるものだけを食べさせるという状態が続き、知らないうちに低栄養状態になり、体力を失っていった。

食べ物に好き嫌いがあるためと食欲減退で健康な体を維持できる栄養を十分取ることができなかった。老健に入居して医者から義母が低栄養状態にいると知らされて始めて体力を失っていった理由が分かった。

老人がなぜ低栄養状態になるのか?その対策は?

今またハワイが人気のようだ。コンドミニアムを1か月借りて老後の生活に変化を求める。気候が良く、ゆっくりでき、美味しい食べ物が沢山あるハワイで1か月間のロングバケーションをしたい。私たち夫婦はハワイを何度か旅行した経験がある。その時の旅行は幼い子供たちも一緒であったのでいわゆる観光旅行であった。

子供たちが大人になって巣立った今、二人だけの生活に変化を持たせる意味合いで環境や生活習慣が違った海外で1か月間ぐらいのロングバケーションに行って見たいと思い始めた。

ハワイ・オアフ島のコンドミニアム1か月間の滞在費は、1室20万から25万円ぐらい。後、費用が発生するのは、足となるレンタカーか、自転車、そして、食費だ。毎日外食とはならないので食費は朝と夜は自炊にして昼だけを外食にすれば安くつくはずだ。

観光客にならないで現地住民と同じ生活をすることが一番良い!

65歳に近づくと会社勤めをしているシニアは、老後の人生を真剣に考え始める。会社を完全に卒業する年齢であり、年金をフルで頂ける年齢でもある。仕事のしがらみから完全に開放される。そんな自由を喜ぶ半面、65歳以降の人生をどう過ごせば良いか不安を隠せなくなる。旦那がそんな精神状態になると同時に奥方も老後の生活をどの様にすべきか考え始める。主人が毎日自宅にいるという現実にどう対応すべきかだ。

夫も妻も夫の65歳を境にして二人の老後の生活をどの様にすべきかを考える必要がある。

どの妻も夫に求めるのは、自分の今までの生活のリズムを夫に壊されない事だ!

妻は夫に会社勤めと同じような生活のリズムを維持してほしいと願っている

最愛の妻が他界して一人寂しく生活をしている高齢者男性にとって寂しさを和らげてくれるA.I.バーチャル・ホログラムロボットがこの数年のうちに登場する。まずは、このYouTube動画を見てほしい。きっと、驚くはずだ。

こんなバーチャル奥さんが自宅に待っているならば、寂しさもきっと和らぐはずだ。会話が楽しめて時間を一緒に共有できる。

Magical Mirai 2017 report 幕張メッセで紹介された!

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.