70歳代の夫婦を電車の中で見て

通電車の中で見かけた70歳代の夫婦。私たち夫婦60歳代とは風貌が確かに違う。私たちよりも年寄りに見える。当たり前な事だが、見え方には個人差がある。この70歳代夫婦は、年齢なりの年寄りに見えた。遅い出勤時間であったため、電車の中は老人たちが多かった。夫婦でお出かけと言う感じだ。

元気で外出が出来る老夫婦は幸せである。70歳代で認知症になり老人ホームの中でしか生活が出来ないシニアが多い。老夫婦で外出を楽しめるならば、大いに楽しむべきだろう。電車の中で見た70歳代の夫婦は、健康そうで元気な印象がした。向かいの席に座った若いお母さんとその幼児に夫婦の目が留まっていた。

幼児に触れる機会が少なくなった老夫婦は、幼児の可愛さに引き付かれる。

私たち夫婦が70歳代になった時は、どんな風貌になっているだろうか。今よりも若さが落ちた顔と体だろう。寄る歳には勝てない!

70歳代は体の健康に最も注意すべき年齢で旅行を楽しむ最後の機会になる!

70歳代の知人は、70歳代になって体の健康に不調をきたしている。体の免疫力の衰えから病気に成ったり、ちょっとしたことで転倒して顔を傷つけたり、腕を骨折したりしている。見かけは、誰が見てもお爺さんだ。既に引退生活(年金生活)をしているので現役の社会人のような生活のリズムはない。

筋トレを運動習慣にしている知人ではないので普通の70歳代のお爺さんだ。社会からの繋がりが切れて自分ペースの生活が始まると生活上の活動で個人差が激しくなる。活発に社会で動いている人は、自分の仕事を見つけている。生活リズムも普通の社会人たちと変わらない。自宅でゆっくりと言う生活になっていない。 

体の免疫力の衰えから来る体の不調と刺激が少なくなった生活で精神的な張りが無くなり、老化を早めるシニアが多い。残りの人生をこれで楽しもうという目標があるシニアは生活に張りを作れる。夫婦で一緒にやる目標があると精神的な充実感が高まる。旅行好きな老夫婦は、月1回国内旅行をする。月1回の国内旅行の計画を立てたり、事前調査をしたりしながら夫婦で旅行の楽しさを高める。

70歳代は、80歳代とは違ってまだ自分たちで旅行が出来る体力を維持できている。

今日、電車の中で見かけた70歳代の老夫婦は、どこかに旅行するような感じであった。1泊2日で出かける旅のような感じだ。私たち夫婦も5月の連休後に実家の墓参りに出かける。墓参りの後に必ず寄り道をして2泊3日のショート旅行をする。自動車での旅行であるため、好きな場所に立ち寄り、色々な観光スポットで非日常的な生活をする。

旅行に行けるだけの体力を維持できるのは、70歳代までだろう。病気になっていなければ、外の空気をどんどん吸って行った事が無い場所や料理を楽しむべきだ。70歳代の知人を見ていると老化による健康障害が酷くなる。体の力強さが失い始めている。体は毎日動かして使っていないと錆びてくる。錆びてくるだけでなく、故障も増える。動かしていない自動車を久々に動かすときのような状態になる。

70歳代のリスクは、仕事から完全に離れた生活を始める時だ。毎日子供のように遊ぶ生活は出来ないだろう。子供は遊びながら知らない世界を学ぶ楽しさがある。老人は既にその世界を学んでしまった。新鮮味が無い。

仕事がまだある60歳代の生活と仕事から完全に離れた70歳代の生活では、生活のリズムが違う。生活に張りが出る70歳代の生活のリズムをどの様に作るか、今から研究したほうが良いだろう。一番の理想は、70歳代でも現役のビジネスマンとして働き続けている事だ。慣れた生活リズムの中であれば、急激な生活の変化は起きない。 

日中の時間の使い方をどうするかだ。この課題は、各自が自分で決める必要がある。

私は、生涯現役のビジネスマンで今の生活のリズムを続けたいと思っている。時々、夫婦で海外のリゾート地でロングバケーションしながらネットビジネスをするという感じだ。今は、家内の両親を介護支援しなければならないのでロングバケーションは出来ない。時間の問題でそれが可能になると思う。

私たち夫婦も70歳に向かって健康に気を付けている。栄養バランスが整った食事と運動習慣を各自行っている。家内には家内の専門分野があり、その分野で自分の生活のリズムを作っている。お互いやるべき事が有る生活を今も送っているので70歳代になったからと言って大きな生活の変化はないと見ている。

この記事「70歳代の夫婦を電車の中で見て」のポイントは、

  • 元気で外出が出来る老夫婦は幸せである
  • 体の免疫力の衰えから来る体の不調と刺激が少なくなった生活で精神的な張りが無くなり、老化を早めるシニアが多い
  • 旅行に行けるだけの体力を維持できるのは、70歳代まで

 

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2019年現在で13年間、起業中。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!Japanで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2019 Goyat. All Rights Reserved.