役職経験者のシニアはどのような老後の生活を送っているのか?

大会社の管理職、役員職を勤め上げ、定年退職後、子会社の社長として65歳まで働いた役職経験者のシニアは、その後、どのような生活を送っているのだろうか。

そんな人たちが集まるNPO団体の懇親会に行ってきた。もう、多くの役職経験者のシニアは、70歳以上になっていた。見るからにしてお爺さんの風貌が漂っている。 

老いては子供に戻る!と言う。役職経験者も現場を離れると時代の流れを見失ってしまう。時代に追いついて行けてないのである。 

NPO団体で生きがいと社会とのつながりを探している役職経験者のシニア

このNPO団体に参画してくる役職経験者のシニア会員は、現在、220名近くいる。その中の四分の一ぐらいの役職経験者のシニアがアクティブに活動をしている感じだ。設立されて12年が経っている。黒字経営のNPO団体組織で自治体、官公庁から落ちてくる案件で回っている。ビジネスの中心事業は、中小企業にお客様を紹介し、マッチングさせる活動だ。 

中小企業のほとんどが、脆弱な営業力のため自社サービスや製品を求める市場に訴求できていない。技術力がある中小メーカーであってもその技術力を大企業に繋げるツテがない。そのツテになる営業活動と言うか、紹介活動というか、元大企業の役職者の人脈を生かす活動である。

会社組織を卒業して自由な生活を送っている役職経験者のシニアは、暇で困っている。

多くの役職経験者のシニアは、毎日が日曜日の状態だ。何か自分という存在を世の中で役立たせたいと思っているのだが、その思いがアクションにつながるほど強くない。強くないシニアは、又、組織に戻ろうとする。独りで出来なければ、集団で何か出来ないかとなる。

定年退職後、会社が紹介する関連会社に横滑りするのを断って自分で事業を始めるシニアもいる。中小企業の創業者のほとんどが、元会社員であった。定年退職ではなく、リストラや家庭の事情などで起業する人もいる。会社ではやれないビジネスを諦めないで自分でやり通す人もいる。 

定年退職を役職定年で終える人は出世した会社員だ。経済的には余裕がある。別に老後の生活で経済的に困る心配はない。彼らがこのNPO団体に集まるのは、自分の力を活かせる「場」と「社会とのつながり」があるからだ。中には、自宅でブラブラしているのが退屈で人恋しさを求めて参加するシニアもいる。

独りでやっていける役職経験者のシニアと組織の中で生きがいを見つける役職経験者のシニアとに分かれる。

私がNPO団体に参加している理由は、人生の先輩たちの生き様を参考にしたいと言う事と社会に身を置く場所を求めたためである。私が持っている専門技術や知識がNPOで活かせれば、本業に影響がない範囲で協力をしている。

色々なニーズが役職経験者のシニアにある。そのニーズが満たされる役職経験者のシニアは、NPO団体に居続ける。出るも入るも自由であるから、友達の紹介で登録会員だけで終わっているシニアもいる。純然たる会社組織とは違って緩いルールで活動と組織が成り立っている。それも魅力なのかもしれない!

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2018年12月現在で12年間、起業。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!ジャパンで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.