なぜ、高齢者は儲け話に騙されるのか?

テレビのニュースを見ていると儲かる投資話で騙されている老人が多い。老後の資金を増やしたいという欲求がそうさせるのか、単純にお金という魔力にやられたのか、分からないが老後の投資は程々にしたほうが良いだろう。

老後は、堅実なお金の貯め方と使い方で石橋を叩いて渡る生活が一番安全であり、安心する。騙されて多額の老後資金を奪われたら、待ち受けているのはひどい老後生活である。若ければやり直せるが、老人にはやり直す時間がもうない。

生活する上で不自由がないシニア女性が欲を出して高い利率の投資話に引っかかる。現実の利率を知りながらそんなリターンがあるはずがないと思っても欲で釣られてしまう。欲の強い高齢者は男女の区別なく騙されるリスクが高い。

儲け話をなぜ私にするのかを考えると詐欺話と分かる

他人からの儲け話は、100%詐欺だと思ったほうが良い。魅力的な話であればあるほど詐欺である。持ちかけられた話の分野が自分の専門分野であれば、それが現実的な話かどうかが分かる。多くの投資話は、自分で判断ができない分野が多い。

なぜ、私に儲け話をするのかを問い詰めて考える。もし、私である理由が見つからない場合は100%詐欺である。欲の強いシニアはそれが欲のカーテンで見えない。詐欺の儲け話は必ず相手にお金を先に支払わせることから始まる。

簡単に儲けられるという話

老後になって第三者に頼ってお金を儲けようとするのは間違っている。老後は、自分で判断できる範囲での投資が一番良い。節税目的でアパート経営をする投資話は、人口減少の今、将来的に危ないということが分かるはずなのに業者のうまい話に乗ってしまい騙される。欲があるから騙される。老後は、大きな投資をしないという考えで生きて行かないとリスクの多い生活を送ることになる。

身近な例として高齢者向けマンションの販売がある。マンションを売るためにお飾り的に見守りサービス、レストランサービス、介護施設との連携などを歌い文句にして分譲マンションを売りつける。シニアが求める対の終の棲家は介護サービス付きの老人ホームに近いマンションである。

儲け話ではないが、高齢者の欲を上手く突いている。所有権がある分譲マンションで介護サービス付きがあると聞けば、賃貸契約の有料老人ホームよりも割が良い。実際の介護サービスは個別に契約してサービスを受けるという現実である。

うまい話は必ず損をする仕掛けが隠されている。シニアも高齢者も老人も儲け話には手を出さない。現実路線で物事を冷静に判断する生活が一番安全である。

先にお金を支払う、投資する話

先にお金を投資しないと始められないビジネスには手を出さない!シニア起業家でフランチャイズビジネスを始める人達がいるのだが、先にお金が出ていく。私は絶対にそんなビジネスはこの歳でやらない。私がやるビジネスは、先にお金が入ってくるビジネスだけだ。自分のお金を出さないで働いたあとでお金が必ず入ってくるビジネスが対象になる。

私のインターネットビジネスは、私のスキルを売り物にしているサービスビジネスである。必ず、前払いで仕事を受けている。インターネットは、食い逃げのお客が多いので前払い条件でしか受け付けていない。知人や友人の経営者は、私のやり方に驚いている。なぜ、前払いでビジネスが出来ているのか不思議に思っているのだ。

独立したときからサービス料金は、前払い制で始めた。それが15年間続いている。世の中は、ニーズがあれば前払い制でお金を稼げるのだ。全てお客次第。後払いのお客はお断りしている。お陰で15年間一度もサービス料金の損失が発生していない。

詐欺師の儲け話はあなたにお金を出させてから儲け話の内容を話し出すのが常套手段である。お金を出させるまで儲かる、儲かる、儲かると語り続ける。欲が強いとその話術に負ける。一度お金を支払うと支払った分だけ取り戻したいという心理が働き出す。それでどんどんお金を投資させられる。お金が入ってくる前に支払う仕組みに乗せられてしまう。

堅実なビジネスをしている経営者は絶対に儲け話を他人に話さない

自分のビジネスポリシーやお金の投資ポリシーがあれば、怪しい儲け話に騙されない。私は、堅実な路線でビジネスをしている経営者と出来るだけ付き合うようにしている。そうすることで変な儲け話をする知人を避けることが出来る。

私は自分が発見したビジネスの種を他人に儲け話として絶対に話さない。本来、儲け話は詐欺師がする話である。株と同じである。誰かが自分が所有している株の株価を上げるためにあの会社はこれから凄く伸びるので今のうちに株を買ったほうが良いですよと勧める。

他人に頼ったビジネスは途中ではしごを外されるリスクが高い。起業でお金儲けをするならば、自分独自のビジネスの種で始めるのが本筋であり一番リスクがない。他人が言いふらしている儲け話は言いふらしている人が儲かる仕組みの儲け話であるということを忘れないことである。

結論

収入が年金だけの高齢者はお金儲けの話に騙されやすい。お金を何とか増やそうといつも思っているからだ。老後の安心はお金と思っている。お金に対する欲が強いシニアはその欲で自分のお金を失う。詐欺師はシニアのお金に対する欲を上手く使って儲け話に誘い込む。

本当にお金を儲ける話は他人に話さない。それが鉄則である。それを他人に話して誘い込む人は詐欺師である。

 

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2019年現在で13年間、起業中。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!Japanで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2019 Goyat. All Rights Reserved.