没イチのシニア男性が孤独から逃れるにはどうすれば良いのか?

平成27年の国勢調査で60歳以上で配偶者をなくした人は約909万人(男性154万人、女性755万人)である。60歳代で4~11%、70歳代で12~30%だそうだ。「没イチ」の人たちがこのぐらい居るということになる。

配偶者で死別した人は圧倒的に女性が多い。男性の寿命が短いからだ。一方で男性の方が生き延びた場合、孤独に陥る高齢者が多くなる。シニア男性は、女性ほど地域に根ざしていないため周りに話し相手が居ない。料理も作れない、洗濯もやったことがあまりない、家のどこに何があるかも分からない。困ることだらけで「没イチ」の生活が始まる。

「没イチ」のシニア男性は孤独に陥りやすいのでこれをすることだ!

お金に困っていなくても毎日の生活に仕事を入れることで孤独から逃れられる。仕事をすることで新しい仕事仲間が出来る。社会とのつながりも再構築される。アルバイトは、なんでも良い。自分に都合が良いアルバイトならばどんどん応募すべきだ。新しい恋人を探しても良い。結婚しなくても同棲でも良い。一人で生活するよりも二人で生活したほうが楽しいし、生活コストも安くなる。

まずは、新しい知人をたくさん作ることだ。アルバイトの仕事はそんなあなたに新しい出会いを与えてくれる。色々な年齢層の人と巡り合える。それを楽しめる機会を進んで探すのだ。

毎日生きているということを噛みしめるためにアルバイトやパートの仕事をする。仕事は生活のリズムを作ってくれる。没イチ」のシニア男性には、毎日何かをやらねばならないという生活のリズムが一番大切だ。

毎朝目が覚めてそばに妻が居ない生活は辛い。その辛さを紛らわすためにも仕事に出かける習慣を作る。仕事は安らぎを与えてくれる。何かに没頭する仕事があれば、死別した妻のことも一時的に忘れられるようになる。Life must go on!である。

伴侶との死別は必ず来る。それが自分かもしれない。そうでなければ、一人で生きて行くプランを真剣に考える必要がある。考えが無ければ、アルバイトの仕事を見つけることだ。なんでも良い。毎日定時に出勤して定時に帰宅する規則正しい生活のリズムが生活にエネルギーを与えてくれる。

毎日に変化がある。仕事は変化をもたらす。肉体的にも精神的にもだ。出勤の途中で魅力的な女性に出会えるかもしれない。片思いでも良いから恋をする。中高年の女性で話しかける機会があれば、話しかける。同じ「没イチ」であれば、脈がある。これからは、高齢者の数が急増する。「没イチ」の高齢者も多くなる。シニアナンパが出来る。

若い女性にナンパしても馬鹿にされるからシニアの女性の方が当たり障りがない。新しい生活を始める気分で第二の伴侶を探すのも良い。Life must go on! である。

アルバイトの仕事は、新しい人との出会いの場である。仕事をしながらお互いを知り合い、喜怒哀楽を感じ合う。これから多くのシニアがパートやアルバイトで雇用される。気の合うシニアと出会う機会が増えるはずだ。前向きに「没イチ」を考えよう。

 

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2019年現在で13年間、起業中。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!Japanで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2019 Goyat. All Rights Reserved.